FC2ブログ
私の周りの見えない存在たちとのフツーの会話+ヘミシンクのぷち体験。難しい話は抜きにして、頑張りすぎない、ゆる~いスピ?な日々。
今年の漢字は?
2009年12月31日 (木) | 編集 |
今年もついに今日で終わり。
早かったですね~、そしていろんな事がありました。
漢字一文字で表すとしたら・・・・・・
  かなぁ・・・?
あんじゅ★がヘンな人・・・それもあるけど。
変化が大きかった年かな~と思います。

このブログをやってる事自体が大きな変化です。
まさか2つもやる事になるとは思いませんでした。
あんじゅ★にとって、インターネットの世界は見るだけのものであって、参加するものではなかったんですが・・・。
変化のきっかけは何だったのかを考えたら、ヘミシンクに出会った事だと思います。
ミカエルとの再会や他の天使・ガイドなどいろんな存在とのお話が始まったり、見えない世界をちょっぴり体験したりしました。
人との出逢いもありました。あんじゅ★はそれもヘミ効果だと思っています。
自分の内面が変わっていったからこそなんですよね。
どんどん変わっていく・・・心がオープンになっていく自分の変化に自分が一番驚いているのです。
あんじゅ★にとって楽しい事が盛り沢山の素晴らしい一年でした♪

いつもあんじゅ★のお喋りを聞いてくださる皆様、ありがとうございます。
懲りずに来年も遊びに来てね~

それでは皆様、良いお年をお迎えください♪

あんじゅ★のもうひとつブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~ 




スポンサーサイト




魂のカケラ探しの旅5
2009年12月30日 (水) | 編集 |
大掃除は年末にしますか?
あんじゅ★はしませ~ん♪
年末年始だからって普段と違う事やるとあんじゅ★は何かと調子が狂っちゃうんですよ。余計な事やると頭の中が???になってきたり、疲れが出たり。
元気にお正月を迎えようと思えばこそ、あんじゅ★が心掛けるのは極力平常心を保つ事でして・・・。
ほら、いつもの商店街やスーパーに行くだけでも、クリスマスから年末にかけては通常とは違う雰囲気に包まれてますよね。普段は売ってないモノがあったり、いつもより値段が高かったり、BGMが賑やかだったり。普段とは違うエネルギーが流れているようにも感じます。
リーボールを念入りに作って行っても、そんなところに長時間いたら判断力が鈍りますし疲れます。
だから普段と同じ掃除しかしないのでござんす☆

今日は過去のヘミシンクのメモからです。
ココに出てくる「かに玉事件」についてちょっと・・・。
あんじゅ★が幼稚園の頃の冬の出来事でした。
その日の夕食はかに玉。石油ストーブとこたつで部屋の中はかなり暖かかったのがいけなかったのか、あんじゅ★は食事中に気持ち悪くなちゃったんです。
子供の事ですからその場に・・・・・・。
この時母は窓を開けて冷たくて新鮮な空気を入れ、タオルや洗面器を持ってきていろいろやってくれました。ところが父はただその場面を見ているだけだったのです。その顔は明らかに不愉快な顔でした。あんじゅ★は自分の身に起きた事だけでも驚いて泣いていたのにそんな顔をされると余計に悲しくなってきました。更に「なんでこんなところで吐くんだ。」って・・・。
この場面は以前にヒプノでも訪れた事がありました。今回のヘミでは特にどの過去にいこうとは決めていなかったのですが・・・。

     ☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

今日の1ヘミはWave5-6、F15フリーフロー。
ミカエルから出ていた課題、今生の過去を癒していく為に、F15でレイラと話した。
「こういうのって、今に近い方から?それとも小さい頃の方から?どっちからやればいいのかな?」
「子供の頃からの方がやりやすいんじゃないかしら? 傷ついたり、怒ったりしている子供のあなたの話を良く聞いてあげて、その子の存在を認めてあげる様にすればいいと思うわよ。」
いつもの白い扉を開けて過去へ。
また来てしまった。かに玉事件のところだ。前にヒプノで来た事あったけど。
私がその窓から少し離れて中を見ようとすると、私の前に窓の外に張り付いて中を見ている女の子がいた。
部屋の中で泣いてる私よりもちょっとだけ大きいみたい。
「ねえ、あなたあんじゅ★でしょ?」
「うん、そうよ。おねえさんは?」
「私はもっと大きくなったあなたよ。」
「何でここにいるの?」
「だってさあ、何で私が怒られなきゃならないのか納得出来ないんだもの。」
「そうだよね。わかるわかる。私も何度もこの時の事思い出すのよね。そんなの変じゃない!って。」
「何でパパは何もしないでただ怒って見ているだけなのよ。」
「あなたもいろいろ考えたんだ。」
「そうよ。食事中にゲロ吐いたから? それで汚いとか思ってんのかしら? でもそうなっちゃったものはしょうがないと思うのよね。お外で食べてるじゃないんだよ。家の中じゃない。それに子供よ。何処がいけないのよ? 何で怒ってるのよ!」
なるほど、この子はこの出来事の父の態度に相当怒りがあるのだ。それで見てたのか。
「ねえ、この際、今言ってた事をパパに言ってみたら? あなたの怒りを全部言ってみたらどうかな?」
「言ってもいいかなあ。」
「言っちゃった方がいいんじゃない? 私もついてるから大丈夫だよ。」

「ねえ、パパは何で怒ってて何もしないのよ? 食事中にこんな事になったから? それの何処がいけないの? 子供なら誰にだってある事じゃない。あと、急に具合が悪くなった私の事心配じゃないの? そうやって怖い顔してただ見たるだけなんて私おかしいと思うわ。私はね、今日のパパの態度で傷ついたのよ。どうしても納得出来ないから文句を言いにきたのよ。」と、まくしたてて「もういよ、おねえさん。スッキリしちゃった。」
私は2人を抱きしめた。
泣いていた私「もう平気だよ。だってこの子が私の気持ちを全部言ったくれたから。」
怒ってた私「私ももういい。言いたい事言ったから、気が済んだ。」
2人に笑顔が戻った。
「さあ、2人とも私と一緒においで。泣いてた私も怒ってた私も大事な私の一部だから、私のところに戻っておいで。これからはずっと一緒にいようね。」
2人の姿が消えた。胸の奥が熱くなってきたので、ホントに帰ってきたんだなあと思った。2人とも、お帰り。

     ☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

魂のカケラ探し・・・自分リトリーバルでした。
最近やってないなぁ~。
こうやってひとつひとつやっていくのも練習にもなるからいいんでしょうけど、正直面倒だな~とも思います。
まだこんな他愛も無い出来事だからいいですけど、中には思い出すのもちょっとヘビーな事だって人生にはありますからね。
もしかしたらつらすぎて思い出さないように蓋したのもあるかもしれないですね、忘れてるだけだったりして・・・。
それは厄介ですよね、今の自分は忘れてるのに無意識の部分では記憶していて影響を与えている事もあるかもしれません。
そんな物をいちいち掘り起こすのは大変なので、まとめてリトリーバルしちゃってもいいかな~とも思ってます。その方が楽だしね~♪

本日は魂のカケラ探しの旅にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつブログ Angel Box ポチッとして遊びに来てね~ 
本日のお題は・・・・・・京都と言えばイノダコーヒ



お話はお気楽にね♪
2009年12月29日 (火) | 編集 |
随分前アマテラスちゃんが登場したけど、今日はその頃ののメモから。
今をさかのぼる事半年以上前のコトですいません・・・。

その頃のあんじゅ★は外出する度にPULの放射というのをやっていた。
何それ・・・って思う人もいるかもですね。
簡単に言えば宇宙の良きエネルギーを必要な人が受け取れるように私がアンテナ代わりとなっ放っていく?って感じでしょうかね。
実際見えてる訳じゃないんでちゃんと出来てるのかは良くわかりませんでしたが・・・。
そんなときの会話から・・・。

     ☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

外に出る時、ミカエル「ほらっ、リーボール作れよ。」っていつも言われて、すぐそこで信号待ちしながら作る。今日はその後にアマテラスちゃんにお願いしてみた。
「アマテラスちゃん、私が周りにエネルギーを放っていける様に、私にエネルギーを流して下さい。」
「ちょっと~、何で最後が敬語なのよ。もっと普通に話して頂戴。はい、やり直し!」ダメ出しが・・・。
「アマテラスちゃん、私が周りに愛のエネルギーを放っていける様に、私にエネルギーを流してくれる~?」
「はい、OK!」アマテラスちゃんがにっこり微笑んだような気がした。

その後、「ねえ、さっきも言ったけどさあ、普通に話してよね。タメ口でいいのよ。」
「はいはい、気をつけますから・・・いえ、わかったよ、気をつけるからさ。」
「何かさあ、私たちみたいな立場だと、みんな遠慮しちゃうのよねえ。妙に堅苦しくなっちゃって。」
「そりゃ、あなた超有名人だもん。あ、超有名人って言えばもう1人。アマテラスちゃんと、イエスは誰の心の中にもいるってどこかに書いてあったな。」
「そうよ、彼も呼んであげたら?」
「そう?」
「てゆうか、呼ばれるの待ってると思うけど? 私たちって呼ばれもしないのにいきなりってのは、まあよほどの事がない限りないわねえ。もっと気軽に呼んでみればいいのに。」
「あ~やっぱり? この前ラファエルも言ってたな。あのさ、ミカエルが言ってたけど、いわゆる高次の存在って誰が呼んでも繋がれる?」
「そうね。不純な動機は無視するけど。その方が本人の為でしょ。あとは、繋がってもそれに気付くかどうかの問題ね。何もメッセージは会話だけじゃないし。すぐに返事が来るとも限らないしね。あと、人によって繋がりやすい存在とそうでない存在とがあると思うわね。」
ふ~ん、そうなのかぁ。じゃあ、今度呼んでみようかなあ、サナンダちゃん。
丁度いいフィルターがあるしね。「聖☆おにいさん」のイエス? これならかな~り普通に話せるかも。
「人それぞれ知覚の仕方が違うからな。おまえの場合は今のところフィルター着けて会話形式がいいみたいだな。それでいいんだよ。見えないからと言っておまえが何も体験できてない訳じゃない。そのうち他の感覚も目覚めてくるさ。」
「あっちの人たちって声かけられるの待ってるの?」
「そうだよ。おまえの他のガイドも含めてな。」
「大した用事じゃなくても呼んでみていいのかしらね?」
「ぜ~んぜんOKよ。私たちだってね、いつも難しい話ばかりしたい訳じゃないのよ。そういう役目の人にはそれなりにシビアな話もするけどね。でもそれだっていきなりって事はないわね。まずはコミュニケーションからだわね。それから徐々にその人の使命や学びに合った方向へと変わっていくわね。幼稚園児に数学教えたって無理でしょ。だからあなたも本を読んだりして知識を広げておくといいわよ。話したくてうずうずしてる存在はいっぱいいるから。でもある程度わかってないと話が進まないじゃない。」

     ☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

前に書いたメモを見ていたら、そういえばこんな事あったっけね~と、ちょっと懐かしい感じがしました。
懐かしいと言っても今年の事ですからね・・・もっと前の事みたいだよ。
時の流れは歳を重ねるごとに加速されていく様な?

あんじゅ★のところに現れたアマテラスちゃんはお散歩モードなのでお話もお気楽な感じで。
誰でもお話し出来るみたいだし、雑談ウエルカムらしいんでお試しくださいませ☆
あ~、そういやサナンダちゃんはまだ試してなかったっけ・・・。

本日はあんじゅ★のお喋りにお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 遊びに来てね~ 何でこ~なるのっ!?



三太&さん太のイブ
2009年12月27日 (日) | 編集 |
皆さまクリスマス・イブはいかがお過ごしだったでしょうか?
あんじゅ★は・・・歌舞伎。
え?クリスマスにまで・・・・・・? そうなんです。
イブの夜あんじゅ★は歌舞伎座に行ってきました。
今年最後の歌舞伎です。
夜の部の演目は
一、引窓(ひきまど)
二、雪傾城(ゆきけいせい)
三、野田版・鼠小僧(ねずみこぞう)
この3つです。
この中で一番楽しみにしていたのが「鼠小僧」です♪

正月、芝居小屋では鼠小僧が大評判で賑わっている。
ある日、お金にしか興味のない棺桶屋の三太(勘三郎)の所へ、三太の兄の妻・おらん(扇雀)と、娘のおしな(七之助)、番頭の藤太郎(彌十郎)が、兄・勢左衛門の葬列とおしなの嫁入り行列とが混じった一行を連れて現れると、三太にタダで棺桶を貰おうとする。
兄の遺産をあてにしていたが遺言状に書かれたいた相続人は巷で善人と評判の高い興吉(橋之助)だった。莫大な遺産を諦めきれない三太は兄の棺桶に自分が入って館に忍び込み、遺産を盗もうとする。
ちょっとした手違いで三太が着いた先はおしなの嫁入り先。そうとは気付かずに蔵から千両箱を盗み出すが番人・興惣兵衛(井之上隆志)に見つかったものの何とか逃げ出す。
年の暮れ、鼠小僧となった三太が貞女と評判のお高(福助)の屋敷に忍び込むと、興吉が現れる。更に名奉行の大岡忠相(三津五郎)までやってくる。そこへ大岡の妻・りよ(孝太郎)が乗り込んできて一騒動・・・。
その隙に逃げ出した三太は興惣兵衛の孫・さん太(宣生)と出くわして・・・・・・。

野田秀樹の脚本・演出でテンポよく進んでいくので退屈しません。
シネマ歌舞伎やDVDにもなっているこの作品が再演される・・・そりゃあ生で観たいですからね~♪
やっぱり面白かった♪ 野田さんの歌舞伎はシネマ歌舞伎も含めて全て観ていますが、テンポがいいのが現代の演劇に近くて歌舞伎を観た事が無い人でも馴染みやすいと思いますし、それでも歌舞伎らしさもちゃんとあるんで普段歌舞伎を見慣れていても違和感がありません。
またいつか野田さんの新作を観てみたいな~と思います。

今月は昼も夜もそれぞれにイマドキの演出家による作品がありました。
夜の部が今ご紹介した「野田版・鼠小僧」で、昼の部は宮藤官九郎による「大江戸りびんぐでっど」でした。
そっちはどうだったの~? う~ん、あんじゅ★的には「ナイ」ですね。
役者さんは凄いんです。どんな脚本でも全力投球なのが伝わってきます。
ただ・・・お話自体がねぇ・・・?
単なるドタバタ劇になっちゃったように思いました。
野田さんのは何度でも観たいけどクドカンの方は・・・。
彼も初めての挑戦ですからしょうがないのかもしれませんけどね。
野田さんやクドカンという新しい風を取り入れていく試みをしている勘三郎さんが凄いよな~と思います。

この「鼠小僧」は野田さんと勘三郎さんが、サンタクロースと鼠小僧って似てるよね・・・って話をした事から出来上がったそうです。
ラストで鼠小僧の三太は12月24日の夜に同じ名前のさん太が信じている夢・・・鼠小僧がバラまいた金貨が空から降ってくる・・・を実現しようとして力尽きます。
そんなお話と同じ24日、歌舞伎では珍しくカーテンコールがありました。
「クリスマス・イブなのに歌舞伎座に来てくれてありがとう・・・いや~、ただそれだけなんですけどね~♪」と笑顔で話す勘三郎さんでした。
あんじゅ★は、今年最後の歌舞伎で素敵なプレゼントを貰った気分でした♪

本日は歌舞伎のお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 遊びに来てね~ 青蓮院門跡のライトアップ



かにりんご
2009年12月26日 (土) | 編集 |
昨日はクリスマス。
夕方、ぴ~んぽ~ん~
出るとそこには宅急便のお兄さん。何やら大きな発泡スチロールの箱を抱えている。
何か注文したっけか??? くいなっち!さんが何か??
心当たりは無いが、受け取るとそれは遠方に住む友人からだった。
この時期この箱でクール宅急便にて届くもの・・・?
まさか、アレか!?
いや、まてよ・・・。彼らはお店をやっている。
クリスマスだからナイスなタイミングでお店のケーキがっ!?
それにしては箱が大きすぎる・・・。
やっぱり・・・アレ
届いたばかりのクール宅急便はよ~く冷えていたので、後で開けようと暫く寒い玄関に置いたままだった。

かなり遅い時間まですっかり忘れていた。←ゴメン!
ふと玄関を見ると白い大きな箱・・・
あ~!!クール宅急便!!開けてみなきゃダメじゃ~ん!!
開けるとそこには何とも立派なカニ・・・カニ???2杯もぉ~?
そうです、友人から届いたのは生のズワイガニ!
あんじゅ★こんなにでっかいカニは今まで買ったことも貰ったことも無いしお店で食べた事も無い。
ど~すりゃいいんだろ
何しろ丸ごとどころか足だけでもカニを調理した事が無いんだよ~。
我家カニ買った事ないもん。
いや、別に嫌いな訳じゃないんですよ。出されれば食べるんです。
でも自分ではやらない。世の中にはこんな主婦もいるのだよ・・・。
人生初めての出来事にあんじゅ★は夜中にオロオロ・・・。
こんな時に限ってくいなっち!さんの仕事は遅くて何時に帰って来るのかわからない。
とりあえず友人にお礼のメールがてら途方に暮れる実体を明かすと、とりあえず夜は寒い外に出しておいて、後でくいなっち!さんに調べてもらってね~と返事が。
最後に「頑張ってね!!」と励ましの言葉が添えられていた。
ありがとう☆涙が出る程あんじゅ★は嬉しいさぁ~♪

さて夜遅くに仕事から戻ったくいなっち!さん。ベランダで一服・・・暗がりに何やら見慣れぬ白い箱?
箱の表面には宅配の伝票らしきものが・・・しゅっ!ライターで確認。
そこに友人の名前を発見。で、中身は何
蓋をそ~っと開けて・・・しゅっ!ん・・・?こ、コレは・・・カニ?

今日は起きるのがかなり遅かったけど、朝一番の話題はカニ。
くいなっち!さんのカニとのおつきあい度はあんじゅ★と似た様なものだったので二人して頭の中はど~したらいいんだ?
ネットであれこれ調べてようやく方針が決まり、昼食後に茹でる事になったのでした。

さて、最近我家でブームなのが焼きリンゴです。
先日、昭和記念公園のイルミネーションを見に行った時に二人とも初めて食べて大好きになっちゃったんです。
丸ごと焼くと結構時間が掛かるので、焼きリンゴを作る間にカニを茹でることにしました。
大鍋に入れても一部お湯につかりきらないのでお玉でカニに「掛け湯」をしながら焼きリンゴの様子を見ます。
実は丸ごとの焼きリンゴは初めて作るので興味津々な私たち。
「掛け湯」を交代しながら焼きリンゴを観察。
すると奥にあったリンゴの皮がつるりと剥がれて中から白~いお肌が・・・。
「あ~見て見て~!リンゴが裸になっちゃったよぉ~」
「あ~ホントだ・・・。ストリップだね・・・。」
カニに「掛け湯」しながらリンゴのストリップで大爆笑する平和な我家♪
焼きリンゴの出来上がりとともにカニも茹で上がりまして、人生初の作業のご褒美に焼きリンゴにハーゲンダッツのラムレーズンをのせて美味しく頂きました♪

このようにして我家の本日最大のミッションが無事に終了したのでございます。

本日は明るすぎる我家にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 遊びに来てね~

P.S.
くいなっち!さんによれば、本日最大のミッションというよりは今年3本の指に入るくらいのミッションだそうです。



あぁ、幻の花子さん
2009年12月25日 (金) | 編集 |
先日、歌舞伎座の昼の部に行ってきました。

一、操り三番叟(あやつりさんばんそう)
二、野崎村(のざきむら)
三、身替座禅(みがわりざぜん)
四、大江戸りびんぐでっど(おおえどりびんぐでっど)

の4つの演目でした。
中でもあんじゅ★が大好きなのが「身替座禅」です。

大名の山陰右京(勘三郎)は深い仲である花子から、逢いたいと何度も手紙を受け取っているが、奥方の玉の井(三津五郎)が片時も側を離れないので逢えずにいる。
何とかして花子に逢いたい右京がひらめいた妙案は・・・。
侍女の千枝(巳之助)と小枝(新悟)を伴って現れた玉の井に、夢見が悪いので仏詣に出掛けたいと言ったが許されず侍女達に家の中での行を勧められる。
仕方なく右京は屋敷内の持仏堂に籠って七日七夜の座禅をすると申し出るが、ようやく一晩だけの座禅が許された。
玉の井が去った後、右京は太郎冠者(染五郎)を呼び出して自分の代わりに座禅をするように命じる。太郎冠者に座禅衾を被せ、決して取らぬよう、口をきかぬようにと言いつけて花子のもとへいそいそと出掛けていく。
座禅の最中は来るなと右京に言われた玉の井だが、様子を案じて侍女たちとともにお見舞いにやってくる。
お茶やお菓子を勧めるが座禅衾を被ったまま口もきかない。せめて顔を見せて欲しいと衾を取ると現れたのは太郎冠者。
太郎冠者を問いつめて真相を知った玉の井は太郎冠者に代わって衾を被り右京の帰りを待つ・・・・・・。
夜も更けた頃、花子のと楽しいひとときを過ごした右京がほろ酔い加減で帰ってくると、自分の身替わりになった人物にその夜の逢瀬の話を一部始終語りだす。ついでに奥方の悪口まで。
右京が浮かれた気分で衾を取るとそこにいたのは・・・・・・!!

あんじゅ★が歌舞伎で身替座禅を見たのはコレが2度目です。その前はテレビで狂言のを見ました。何度見ても登場人物のやり取りが面白くて大好きな演目です。
玉の井は立役の方がやることが殆どみたいですね。何だか迫力のある嫉妬深い奥方が登場すると場内がわ~っとなります。これから始まるバトルのワクワク感とでもいいましょうか、この玉の井が不細工(失礼!)であればある程見る方の気持ちは盛り上がるかも!?
前に見た段四郎さんの玉の井・・・これが笑っちゃう程こわ~いお顔で・・・この時の右京は仁左衛門さまでしたが、もうたじたじって感じの恐妻家ぶりが面白かったです。
今回の三津五郎さんは一見穏やかな表情の中にも時折秘めているオンナのこわ~い部分が見え隠れする感じで、勘三郎さん演じる心ウキウキ♪な右京とのやり取りはこれまた大爆笑でした。
いつか玉サマの玉の井ってないですかね~。美しい奥方でも浮気する男性はいますからね。ちょっと見てみたい気がします。

右京と玉の井、右京と太郎冠者、玉の井と太郎冠者この3つのやり取りを見るのが面白いんですが、あんじゅ★的なもうひとつの見どころがあります。
それは、花道から登場するほろ酔い加減の右京です。
この時の役者の表情が何とも素敵なんです。酔ってちょっと顔が赤くなってて花子との逢瀬を思い出しながらにやけた顔でふらふら~と帰ってくる姿。
そのとろける様な笑顔に役者の色気を感じます。
あぁ、楽しかったんだな~と、見ているこっちまで幸せになっちゃいます。

さて、この夫婦の騒動の元である花子は出てきません。
一体どんな人なんでしょうね~♪
あんじゅ★はいつも見えない花子さんが気になってしまいます。

本日は歌舞伎のお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 遊びに来てね~ めり~くりすます 



目印ツアー!?
2009年12月23日 (水) | 編集 |
昨日の記事にも書いたように、どういう訳かこれから毎晩ミカエルとの合宿?があるらしいという展開になりました。
主な目的は各フォーカスの目印となるものを創って、それを定着させる為に毎晩ノンヘミで訪れよう!ってコトです。
昨夜は布団に入ってからヒーリングを受け取ったり、癒しのパワーを送ったりとやることが多かったんでミカエルとの約束の前に寝ちゃうんじゃないかと思いましたが、なんとか大丈夫でした。

夜も遅く寝る体勢ですから、ヘミCDと同じ事前準備は省略です。それでも「いくらオレが守ると言っても、自分で出来ることはやれよ。じゃなきゃおまえの為にならん。」といつもミカエルに言われてるんで、リーボールだけは念入りに。

「で、今日は何するのよ?」
「まずはさっきも言った通り12のコテージに行こう。」
「OK!大丈夫。まだここのイメージはハッキリしてるから。」
どこでもドアにマジックで「12」と書いてドアを開けるとそこは赤い屋根のコテージ。
何故かいつもあんじゅ★は庭の隅っこの茂みの中から顔を出す。
コレばかりは何度来ても変わらないんだよね。
おまけにいつもガイドチームが庭でわいわいやってるのね。
何で君たち建物の中に入らないの???
そういうあんじゅ★も建物の中をイメージしてないんだけどね・・・。
「よし、じゃあ21に創るか。おまえ何かイメージしてるのがあるだろ、それでいいじゃん。」
「え?もう行くの~。はいはいわかりましたよ・・・。イメージ・・・アレね。海辺のリゾートだ!」
「それだよ、それ。出来そうか?」
「うん、やってみる。」
再びどこでもドアに「21」と書いてドアを開けたら白い砂浜にヤシの木が沢山ある素敵なところ。
イメージはバッチリあったんだよね。あんじゅ★が前に行ったことのあるモルディブのお気に入りのリゾート。
その中であんじゅ★がまだ泊まったことが無い「部屋の中にヤシの木が生えてて屋根に突き抜けてる建物」にしちゃお~っと♪
「よしよし、これでいいんだよ。」
この辺で寝たらしい・・・。

そして今日はヘミする時間があったんで、昨夜創ったのを確認しにヘミで行ってみました。
まずはF21フリーフローのCDで。
このCDでは途中F12でナレーションのおじさんと待ち合わせ?となるので、それを待つ間12のコテージにも寄ってみました。
やっぱり庭の片隅から登場するあんじゅ★でした。
レイラが来たので、
「ねえ、ミカエル張り切り過ぎじゃないかと思うんだけど?」
「あら、そうさせたのはあなたよ。」
「え~?私が?」
「そうよ、わかってるでしょ? あなたがその気にならなきゃ私たちは何も出来ないって事。ただ見守ってるしかないのよね。でもあなたが何かを意図すれば、それを叶えるべく出来ることは手助けするわ。ミカエルもそうだけど皆それを待ってるのよね。だから、ミカエルに火をつけたのはア・ナ・タよっ♪」
とか話してるうちにおじさんのナレーションが。
「あ、これ飲んでいきなさいよ。」
レイラに差し出されたお茶を飲むと・・・ジャスミン?ローズ?どっち~??
「その通りよ、ローズジャスミンティー♪」
「じゃ、オレ達先に行って創ってるからあとで来いよ!」
ミカエルが皆に言ってF21を目指すことに。
このCDは相変わらず待っている間にかなり眠気に誘われますね。
コレはいかん!と思ったのでナレーションを無視して21に行っちゃいます。
昨夜のイメージから更に膨らませてみました。
例のリゾートでは二部屋分がくっついてひとつの建物なんですが、そこはイメージの世界ですから、勝手に間取りを変えちゃいます。
ゆったりくつろげるバスルーム、皆で賑やかに過ごせるリビング、瞑想ルームも創りました。瞑想ルームの天井はピラミッド型にしました。
大体出来たところで皆を呼びます。
12のコテージの庭先と同様、こちらでも賑やかです。
その後ナレーションおじさんの帰還命令にて終了。

調子に乗ってもう1ヘミ行ってみることにしました。
今度はF10のフリーフローのCDで。
ナレーションに従って準備を全て終えたら結構時間があったので勝手に進めます。
「ミカエル、今度は何する訳?」
「とりあえず順番に行ってみようぜ。」
「皆でぞろぞろ?」
「面白いからそうしよう。」
どこでもドアに「10」と書いてドアを開けると、以前設定した場所に出ました。
大きな木の木陰に心地よいソファーがあります。
今日はこの他にも、椅子とテーブルがいくつかありました。
次は12のコテージ。更に久しぶりに15に行ってみます。
ここは他のフォーカスと違って静かで暗い宇宙空間のように感じれれるのです。
プラネタリウムの中にいるみたいな・・・?
足元には透明な床があるみたいでどこを見ても星が輝いている様な感じでやたらと静かなんです。
そこに大きな白い扉があります。以前あんじゅ★がここに来たときは扉の前にいつもレイラがいました。きょうはガイド御一行ツアーで扉の前にはいませんが、ちょっと聞いてみました。
「ねえ、レイラはいつもここに来ると扉の前にいるけど、あなたがココの担当とかな訳?」
「まあ、そんなところかしらね。そうそう、あなた今ココから時空を超えて逢いたい人がいるでしょ?」
「うん、少年の頃の父のことね。ちょっと行ってみたいと思ってるんだ。でもどうしたらいいのかがわからないけど。」
「あなたの中にアイディアはあるでしょう?それでいいと思うわよ。近いうちに行ってみましょうね。」
「ありがとう、レイラ。」
ココは扉だけで殺風景なので、赤いソファーと低いテーブル、そのテーブルの上にはキャンドルを置いてみました。結構落ち着ける雰囲気です。
次に向かったのは先程も行った21のヤシの木が生えたリゾートです。
あんじゅ★は一人瞑想ルームへ。
癒しのパワーを送りたい方がいたのでそちらに意識を集中するために。
相手の方々のガイドさん達に
「どうぞお好きなように使ってくださいね。いくらでも送りますから。」
「ありがとう。彼女をハグしてあげて・・・。」
ガイドさん達にパワーを送ってその方をハグしたところでナレーションおじさんの帰還命令にて終了です。

久々の1日2へミ。なんとか爆睡にはならずに済んだ♪

本日はガイド御一行ツアーにお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 遊びに来てね~




そうだ、ノンヘミで行こう!
2009年12月22日 (火) | 編集 |
ふと気が付けばもうすぐクリスマス、それが過ぎればお正月・・・と、何かと忙しい時期ですね。
もっとも、我家ではクリスマスは何もしませんしお正月も大したことはしないんですけど。
それでも世間の動きにつられて、いつもよりはちょっと忙しい気がする。
そんな中でもヘミシンクは出来れば毎日やりたいし・・・やったらやったで寝ちゃうんだよね。
いや、寝ちゃってもいいから聞き続ければいじゃん!
などとあれこれ考えますが、要は時間がナイって事なの。
だから最近は睡眠学習にしちゃえ!と割り切って、寝る時にメタミュージックとかを聴いたりします。

ヘミシンクも最初はコレが無いと見えない世界の探求は出来ないものかと思ってました。
少し前、ヘミシンクからちょっと離れてた時に思ったんです。

ひょっとして、CD使わなくてもOKなんじゃないの?
想像=創造ならヘミとノンヘミの違いって無いんじゃぁ?
多分、CD使えば何もしなくても確実・・・ってことかな?

実際、あんじゅ★がミカエルたちと話す時って殆どヘミ中じゃないですからね~。
あちこちのヘミ関係ものを拝見していると、必ずしもヘミは必要ではないようですし、最終的には無くてOKなようですね。
そこんとこはどうなのか、解らなきゃ聞いてみればいいわけで・・・早速ミカエルをつかまえて聞いてみたりして。

「ねえ、ノンヘミでもOKな訳?」
「ん?今更何言ってんだよ。だっておまえ今までさんざんオレとフツーに話してたじゃん。それと大して変わんねーって。」
「見えてなくても?」
「それは知覚の得手不得手の問題だろーが。おまえ見えてないって言うけど感じてはいるだろ。それはヘミシンク無しでもある感覚だよな。」
「まあね。」
「要するに、信じるかどうかだな。今見てる世界以外のものを感じることなど本来誰にでも出来ることで、ただそれを忘れてるだけだ。ヘミは指示通りの手順を踏むことで絶対にちゃんと出来てるんだと自分を納得させていく役割もあるだろうな。そういう意味でもあれは使える道具だぞ。」
「自己暗示みたいなってこと?」
「たとえ指示されて想像したものでも想像=創造であることには変わりない。てことはだよ、CDのガイドが無くてもお前の想像をおまえ自身が信じられるのなら、ちゃんと出来てるって事だよな。」
「はぁ・・・なるほどねぇ。じゃ、場所を選ばすノンヘミでやろうとすると特に出来ないと思うのがレゾナント・チューニングだと思うけど、やらなくても大丈夫な訳?もし他の準備も出来なかったらマズイことにでもなる?」
「オレ言ったじゃん。絶対におまえを守るって。お前の側を離れないって。」
「そーいやそうだったっけね・・・。」
「おいおい、もっとオレ達のこと信頼してくれよなぁ。」
「ねえ、リトリーバルとかで相手と話すのってどんな感じだろうね?」
「オレと話してるのと変わらないよ。同じ要領だ。だからおまえなら出来るはずだぞ。何度も言うが、信じるかどうかなんだよ。今おまえはオレと話してるのを信じてるだろ?」
「そうねぇ。だっていつもこんな感じだし、アンタがいるのはわかってるコトだからね。」
「それが初対面の誰かになるだけだよ。それはそうと、おまえピクチャーコードがどうとかって考えてただろ?」
「うん。フォーカスの目印ね。今のところ12と15にはそれらしきもんがあるじゃない。他にも創っとこうかなと思ったんだ。」
「おまえちょっとはやる気が出て来たな。よしよし♪じゃ早速ノンヘミでやろうぜ。何事も練習だからな。」
「大丈夫かね?」
「心配するな。今おまえが一番ハッキリイメージ出来てるのは12のコテージか?」
「そうだね~最近行ってないけど~。」
「今あるのを強化していくことから始めて、他のフォーカスにも創ったら毎晩そこに行くぞ!いいな?」
「ちょっとアンタ張り切り過ぎじゃ・・・。いいけどね♪」

色々と話してるうちに、毎晩合宿の様なノリでミカエルとデートすることになったらしい・・・とほほ・・・。

CD使ったり、使わなかったり、メタミュージックにしてみたり、色々とやってみようと思います。いつも同じじゃ飽きるしね~♪

本日はあんじゅ★のノンヘミでもチャレンジ!?にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! 公園のフレンドリーなにゃんこ
遊びに来てね~

今頃気付いたんだけど、ネコ温度計のクリスマスツリーにいつの間にか飾りが・・・




やっぱ,シメはイケメンで♪
2009年12月21日 (月) | 編集 |
申し訳ありません、京都の旅話はまだ続いております。

次に訪れたお寺は青蓮院門跡。
知恩院のお隣にあるこのお寺ではライトアップをやってましたので、南座の昼の部に行った後、腹ごしらえをしてから行ってみました。
仏像的には期待出来ないんで、完全にライトアップ目当てです。折角E-P1あるんだし~♪
ちょうど、国宝の青不動も見られる時でしたからここでもラッキー♪
ただし、このお不動様は仏像じゃないの、絵です。
創建以来初めてのご開帳ということで、その彩色は遠目に見ても鮮やかでした。
不動明王の後ろの炎・・・迦楼羅(かるら)という鳥ですが・・・も生き生きと描かれていました。
青蓮院に入った時に渡されたのが願い事を書く紙。これを青不動の前に捧げるんです。何を書いたかって?こういう時あんじゅ★がいつも書くことはね・・・

  世界中の人々の心が平和でありますように

一人一人の心の中が平穏で幸せなら、争いなんか起こるわけないからね~♪

     やっぱ,シメはイケメンで♪

ライトアップされたお庭を写真撮りながら散策する途中、本堂の裏に仏像発見!
不動明王やら十二神将がいるみたいだったけど、薄暗くて良くわかんなかった。
ここのお寺では初めから仏像は期待してなかったからこれでOK!

次なる見仏は最終日・・・帰る日なんであまり遠くに行く気はないし,やっぱあそこしかないでしょう。
初日に食堂しか見てなかった東寺!
だってココはあんじゅ★が一番好きなお寺。仏像パラダイス♪ 
京都に来る度につい訪れてしまう場所。
あんじゅ★は見仏の時は御朱印帳をいつも持って行きますが、ココの御朱印は種類が豊富なんで、来る度に違うのを書いてもらうのも楽しみなの。また、ココの人が達筆でねぇ・・・。
あんじゅ★にとって御朱印帳は仏のサイン帳の感覚♪
そーゆーのはいかがなものかと・・・ってな事をかなり遠回しに紙に書いてあるお寺さんもあるけど、そうは言っておきながら観光客を受け入れてそれで成り立ってるという現実もある訳で、お互い持ちつ持たれつだよね。
我々世代なんぞは、ガイジンの目で古いモノを見ているのとそんなに変わらないと思うし、今の時代に昔と同じ感覚を求められてもそれは無理ってもんでしょう!
仏様はそんなケチ臭いことにこだわらないもんね~。こだわりがあったら仏になれないでしょ。

さてさて、講堂の中に一歩足を踏み入れると・・・そこには異空間が広がっています。立体曼荼羅!金ぴかの仏と異形の者たちで埋め尽くされたステージはいつ見ても圧巻です。
手前の梵天さんからじっくりと・・・梵天さんが座る鵞鳥座のガチョウが今まで三羽だと思い込んできたけど四羽だったんだ。ちょっとした発見がありました。
ゆっくり進んで、真ん中の巨大な大日如来さんの前でしばらく座ってお話ししました。
次に目に映るのは明王部で不動明王を中心としてそのポーズも印も個性的な人達が盛り沢山。中でもついつい真似てしまうのが、降三世明王の印ですね。
この人に踏みつけられてる人のポーズがちょっと悩ましいかんじで「いや~ん」なんです・・・え?そんなコト考えてるのあんじゅ★だけ
奥にいる大威徳明王はつぶらな瞳がらぶり~♪な牛さんに乗っているのでいつも見ちゃいます。
ココまで来ると、いよいよあのお方との再会の時がやって参りました。
牛さんからちょいと左に視線を移すと・・・あぁ、今日もココで待っててくれたのね♪♪♪♪♪
右斜め45度のあなたはめっちゃカッコいい♡♡♡♡♡
象を乗りこなすその姿も素敵!
このステージの超イケメン、帝釈天で~す♪
あんじゅ★はココでしばらく動けなくなりまする。
こんな時に万が一ミカエルに話しかけられてもムシですっ、無視!!
可能な限りあらゆる角度から彼を惚れ惚れと眺めていると・・・
「こんなオレで悪かったなっ!」
ゲッ・・・ミカエル
「い、い、い~のよ・・・、アンタはその方が面白いんだから
「それとも、こーゆーカッコのの方がいいか?」
「だから、そのままでいいって言ってるじゃん!」
「おいっ!フィルター変えてもいいんだぜ!」
「あ~ん、もう!邪魔しないでよ、折角のデートなのにぃ~~~。ミカエルっ、とりあえず黙っててよ!!」
あ~、結局無視出来なかったよ・・・パンクな兄ちゃん、あんじゅ★はミカエルのことが大好きだよ♪

いつまでも固まってても仕方がないんで、ひとまずお隣の金堂へ。
薬師如来さんたちにご挨拶を・・・。
ココの薬師三尊像がこれまたビッグサイズでして、しかも金ぴかキラキラでゴージャス♪
脇侍の日光・月光両菩薩さんの腰のひねりも魅力的。
あんじゅ★がここで注目してしまうのは中央の薬師如来の台座です。
ぐるりと十二神将がいるですね。その彩色も意外と残っているし、力強い表現が素晴らしいのです。もっと近くで見たいけどね・・・。

     やっぱ,シメはイケメンで♪

その後はお庭の散策。五重塔を見たり池を眺めたり。
お抹茶とお菓子で一服していたら随分曇ってきて寒くなってきました。
帰る前にもう一度・・・足は講堂へと向かいます。

再び異空間へと足を踏み入れ、ちょっとヒンヤリした空気やその匂いを記憶に留めようと思いっきり吸い込みます。
今度はさらっと見て、憧れの君に別れの挨拶を・・・。そして中央の大日如来さんにも。
「また来るだろう?・・・待ってるよ。」
そう優しく言って送り出してくれました。

5泊6日の京都の旅は最終日にイケメン仏像とデートして、湯葉料理を堪能して終ったのでした。

これにて京都の旅話はおしまいでござりまする~♪

本日もあんじゅ★の見仏にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! 雨上がりの石山寺
遊びに来てね~

あれれ~? いつのまにかネコ温度計に雪だるまがいるし・・・



でっかい仏像は良いよね~♪
2009年12月20日 (日) | 編集 |
相変わらず京都の旅話は続いております。

美しい十一面観音さんのくびれを堪能して外に出ると、雨も小降りになってきました。
琵琶湖の周辺には十一面観音さんの他にも様々な観音様がいるらしいんですよ。
この高月駅の辺りだけでもいくつかあるようで、奥琵琶湖は正に仏像パラダイス♪♪かもしれません。そんな状況でありながらマイペースのあんじゅ★は、ここまで来てそれらを見ないのは勿体無い・・・?とは思わなかったんで、次の目的地である石山寺を目指します。
琵琶湖の北から南までの移動中、すっかりお天気が回復してしまいました。

     でっかい仏像は良いよね~♪

石山寺では本尊で秘仏の如意輪観音さんが通常の33年に1度の開扉とは別に、花山法皇の一千年御遠忌で特別に開扉されていました。16日までということで、たまたまそのタイミングに居合わせたのはラッキー♪
内陣の拝観も出来る?そりゃ観とかないと!
如意輪観音さんって色っぽいですよね♪
仏像はどなたも柔らかい手つきをしてますけど、特に如意輪観音の手はふっくらと丸みがあって柔らかいように思います。しかもあのポーズが悩ましい・・・。
石山寺の如意輪観音さんはう~ん?そうでもない。
半跏像だから?大きすぎるから?
なにしろ目の前にあるのは足ですからね・・・。
でも薄暗い中でよ~く観れば衣の柄とかも残っていて綺麗でした。
間近で観る木造5.3mの如意輪観音さんはでっかいです。迫力あります。
長谷寺の十一面観音さんを真下から観たときもひょえ~っとか思いましたが、こっちも凄いです。
大きい仏像を観るといつも思うのが、どうやって入れたんだろう?ですね。
懐かしい地下鉄漫才じゃありませんが眠れなくなっちゃいます!?
奈良の大仏は後から建物で覆ったんでしょうけど、あそこまで大きくはなくても長谷寺なら立像で10m、石山寺は半跏像で5m以上あります。
長谷寺も石山寺も山の斜面に本堂があって下から見ると清水の舞台みたいな木組みになってるんですね。
そんな場所の本堂の奥に細やかな飾りとともにかなりキッチリと収まってるもんで、どうやって???と考えちゃったりします。
もしこの先、修理や修復なんかやるとしたら・・・?どうするのかな~?

本堂を出て石段を上がると多宝塔がありまして中を覗けるんですが、これがまた美しい大日如来さんで。
奈良の円城寺の運慶作の大日如来にちょっと似た雰囲気で素敵でした。
石山寺は想像以上に広くてちょっとした山歩き(大袈裟?)気分で景色も楽しめます。
雨上がりで木々や苔が美しく写真を撮るのも楽しかったです。
写真はAngel Boxの方に登場するかもです。

結局閉門ちょっと前まで石山寺にいまして、さんざん歩き回ってお腹がぺこぺこだったのですぐ近くのお店でこんなのをいただきました。

     でっかい仏像は良いよね~♪

石山寺山門のすぐ近くにある「湖舟」というお店のしじみ釜飯です。奥のお椀は勿論しじみ汁。
これに湯葉のお刺身やしじみの佃煮他、ちょっと懐かしいお惣菜がちょこっと付いて大満足でした。

お腹もあったまったところで今日はこれにて。

本日もあんじゅ★の見仏にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! 松の木を見上げてみたら・・・?



そのくびれがたまらない♪
2009年12月17日 (木) | 編集 |
京都の旅話の続きです。

京都に行くと訪れるのがお寺。
仏像好きなあんじゅ★は必ず何処かのお寺に行っちゃいます。
今回はカメラもE-P1を持って行きましたから素敵なお庭で写真撮れるかもしれないし・・・。

着いた日に向かったのは東福寺。
ここは前にも行ったことがありましたが、美しい庭園のある方丈をゆっくり見ていたら、通天橋の受付が終ってまして、何度か行きそびれていたのです。
まだ紅葉もちょっとは残ってるだろうからと、今回はいきなり通天橋を目指しました。
モミジの葉はかなり落ちていて、苔の上は赤と黄色で埋まってました。
通天橋は橋だけ渡っておしまいなのかと思ってたら、そこから庭やプチ渓谷の様な景色のあるところに行けて、結構広くて高低差もあり面白いところでした。
新緑の頃もきっと素敵だろうなぁ~。
     そのくびれがたまらない♪
ここで Angel Box 用の写真を撮って、まだ開いていそうな東寺へ。
東寺はあんじゅ★が京都で一番好きなお寺です。
だって仏像に埋もれる事が出来るから♪ 立体曼荼羅ですね♡
この日は拝観の受付が終ってたので、食堂の十一面観音さんだけを見てきました。

翌日は週末で激混みであろう京都を避けて、かねてより見たいと思っていた別嬪さんの十一面観音さんに会いに琵琶湖の北まで行ってみました。
あいにくの雨の中、JR高月駅から徒歩10分程の渡岸寺観音堂(向源寺)を目指します。
あんじゅ★の勝手な妄想では、扉を開けるとギィ~ッと音がするくらい古めかしいこじんまりとした薄暗いお堂をイメージしていました。
向源寺の本堂の左にわりと近代的な建物がありまして、そこがお住まいのようです。
中に入るとお堂・・・というよりは、お寺に併設されている宝物庫とか収蔵庫みたいな感じですね。
ちょっとガッカリ?な気もしますが、仰々しい御厨子の中に収められている訳ではないので、ぐるりと360度お好きな角度から観る事が出来るのですからラッキーです♪
もう拍子抜けする程フツーに置いてある。ビックリ!

この仏像はほぼ等身大の一木造りでほぼ完璧なカタチで残っています。
台座は後から復元したものだとお寺の方が教えてくれました。
光背は?と聞いたところ、かなり痛んでいて元のカタチが良くわからなかったらしく復元はされていないのだとか。
おかげで、そのセクシーな後ろ姿まで観る事が出来ます。
あの腰のひねりが良いんだよね~♪
羨ましい程の腰のくびれにクギ付けなのは男性ばかりではないはず。
十一面観音の後頭部には暴悪大笑面がありますが、普通は光背で見えない上に仏像の後ろには回り込めません。
このお寺はぐるっと観れる上に、この暴悪大笑面にスポットライトまで当たってたりして♪ 何て太っ腹なお寺でしょう!
この日本一美しいと言われる十一面観音さんは、どの角度から観てもため息が・・・うっとりと見入ってしまいます。角度によって様々な表情を見せてくれます。
実は3年前に上野の国立博物館に来た時に一度お目にかかってるんですが、その時よりもお近づきになれた今回、一番上にある頂上面の美しさを発見しました。
スッキリとした顔立ちで穏やかな表情はいつまでも眺めていたくなるようでした。

雨という事で人も少なく、ほぼ1時間もグルグルと色んな角度から観てしまいました。お寺の人もビックリな程長居してしまった!
だってね~気になるじゃないですか、衣の重なり具合とか、その表現の仕方とか。
どこをどう彫ってるのか、国宝を手が届きそうなくらい間近で見られるのですから。
他のお寺でも国宝の十一面観音さんには会ったことがあるけど、室生寺のは奥に並んでてちょっと距離が遠いし、法華寺のは厨子に入ってて小さいし、聖林寺などはガラス越しのご対面なのよね。みんな個性的で美しいんだけどね。
仏像の大きさも仏像との距離感も大満足なお寺でした。
交通の便は決して良くはない(乗り継ぎが悪くて途中で30分近く次の電車を待った)けど、それでも行って良かったな~と思いました。

長くなったんで今日はこの辺でおしまい。

本日はあんじゅ★の見仏にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! 山の主が大笑い♪



目覚めるとガ~ン!
2009年12月16日 (水) | 編集 |
昨日は目が覚めるとガーンと頭が痛くて、そのまま再び寝ました。
久々だな~、こんな事。
最近の寒さでカラダに微妙にチカラが入ってるのがよろしくないんじゃないかと思うのですね。
おまけに旅行だ何だ~ってやってたら、またサボってるんですよ、ヨガとチベット体操を・・・トホホですニャ。
ホント、懲りないオナゴじゃ・・・あんじゅ★
この二つは地味に続けてると、やっぱり違うのだ。
お風呂上がりのリラックスしたところでやるのが良いかと思われます。
前の冬はたしか簡単ヨガだけを続けていたからポカポカ生活だったんだよね。
今日から復活させよう!! ←何度こんな事思ったか♪まぁいい、気にしない♪

そういや、一昨日スーパーでマスク無しでゴホゴホしてるおばちゃんがいたっけな・・・。
大きくよけて通ってはみたけれど・・それか?

こういうちょっとした不調を放っておくと後でエラい目にあいますから、熱でも頭痛でも軽いうちに休んじゃうといいですね。
軽いと普通に動けるもんでついつい我慢してしまいがちです。
気持ち的にも、動けるのに休むのは気がひけたりする事もありますね。
仕事の都合でそうもいかないってこともあるでしょうし。
そんな時に休めない世の中がどこか狂ってる気もしますが・・・。

軽い頭痛や発熱は年に数回あってくれた方が良いように感じています。
いちいち3~4日寝込む様なのが来るよりも、ちょこっと半日、せいぜい1日のんびり過ごす事で終るのですからこの方が楽です。
これで日頃ちょっとずつ無意識のうちにたまった疲れやストレス、毒などを解消しているのだと思います。
脳天気に暮らしていても、そういったものは自分でも気付かない間にたまって行くのでしょうね。今の世の中、それは仕方のない事かもしれません。
それを解消しようとして自然に出てくる症状ですから、薬で無理に止めたり紛らわせたりする事なく流れに任せてやり過ごす事も必要なのかな~と思います。

今回は夜になって無事に復活しまして、これも軽い毒出しって事で。
じゃあ、早速今日は出掛けよう! さっ,寒い~~~~!!
という訳で、本日は早めの更新。これにて失礼いたしまする。

本日もあんじゅ★のお喋りにお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

P.S. いつの間にかネコ温度計にクリスマスツリーがあるね

Angel Box 更新してま~す!重なる落ち葉に見た世界




ね、眠い・・・。
2009年12月14日 (月) | 編集 |
今日は旅話の見仏編でも書こうと思ってたんですが、
眠い・・・とにかく眠いんです。
ここ数日ずっと眠いです。
時々こういう事がありますね。いくらでも寝られるぞ~!!って時が。
そしてそれが始まるとしばらく続く。
別に具合が悪い訳じゃなし、疲れてる訳でもないんですがひたすら眠い。
あまりにも眠くて夕方ちょっとこたつでぬくぬくしながら寝ちゃったんですが、今も大あくびしながらコレ書いてたりして。
それなら、いっその事ネタにしてしまえ!と。

あんじゅ★は難しいハナシはさっぱりわからないのですが、近年アセンションに向けて色んなエネルギーが来ているらしいですね。
それもどんどん加速されていくから、よりパワフルになって来てるのかもしれません。
近いところでは、一昨日の12月12日にも何やらあったらしいのです。
こんな時にヘミシンクをすると、見事に寝ちゃいました!
いつもより余計に?気持ち良~く寝ちゃいました。
やたらと眠いのはそのエネルギーのせい?と思ってみたりします。

もうひとつ考えられるのは、変化の前触れ???ですね。
前に「オーラの泉」でよく江原さんがそんな事をおっしゃってた気がします。
そもそも寝ている間に作戦会議があっちの世界で行われているらしいんです。
来たる変化に向けてその会議がやたらとあるからなのか、こっちの自分はひたすら眠い・・・とか?

京都に行ってヘミシンク仲間や写真友達に会ったり、歌舞伎や仏像に浸って「楽しいぞ~~♪」ってオーラを出しまくって戻ったところへ12月12日がやってきましたから、きっと何かの変化は静かに起こっていのでしょうね。
眠くて当たり前なのかもしれません。
だからその流れに逆らわず、今すぐ寝よう・・・じゃなくて、ゆったりのんびり過ごしていけば良いかなぁと思います。

師走ってなんだか忙しい。
他の月と同じでずーっと繋がってるのに、なぜか忙しい。
年末だというだけで、普段やらない事をやりだしたりして。
前はあんじゅ★もそうでした。
今はいつもとなるべく変わらないペースで過ごすようになりましたけど、それでも何だか忙しい・・・気がする。
きっとそれも気のせい。
周りが忙しそうだから自分も忙しそうにしてただけかも。
冷静に考えたら、年内に済ませなきゃならない事なんてそんなにない。
大掃除だって、面倒な換気扇掃除だって、何も12月にやらなくたっていい。
それやらなくたって困らないし、ちゃんと新年はやってくる。
だって時間はずっと繋がってるんだもん。やりたい時にやればいいじゃん!
お気楽に考えてるあんじゅ★だけれど、うっかりすると周りの忙しさにつられちゃいそうだから、この眠気は「もしもし、自分のペースを思い出しなさいよ~」ってことかもしれない。
ずーっと前は年末近くになると微熱が続く日々でしたからね。
あんじゅ★にとって1年で一番気をつけないといけない時期がこれから来るので、前もっての警告なでもあるのかな?

今日は早めに寝よう・・・おやすみなさいまし。

本日はひたすら眠いあんじゅ★にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。良き夢を

Angel Box 更新してま~す! ここにも眠いにゃんこが・・・



ツンツンアタマの・・・!?
2009年12月12日 (土) | 編集 |
京都の旅話の続きです。
今回はいろんな人に会う機会がありまして、そのひとつが、とあるブログのオフ会です。

ホントは今回の日程の前半はヘミシンクのセミナーに参加する予定でした。
諸事情により延期になって、さてどうしよう?と思ったところへ
「もしオフ会やるとしたら来れる?」とのお誘いがあり、セミナーが無くなったところで京都行きの日程を変えるつもりが全くなかったあんじゅ★は「喜んで!」となった訳です。

メンバーはあんじゅ★を含めて6人。
あんじゅ★と同じく今回セミナーの申し込みをしていたAさん。
既にそのセミナーを受けたBさんとCさんからは色々なお話を聞く事が出来ました。
特にCさんはヘミシンクの知覚や体験がかなり進んでいるので、これからセミナーを受けようとかという二人にとっては大変参考になるお話が聞けたと思います。
また、そのブログで毎週行っている共同探索の時に何と!ウチのミカエルを見たというDさん!!
こんなに中身の濃い会が実現したのは秘書役?のEちゃんのおかげです。
彼女無くしてはどうなっていた事か・・・。
あんじゅ★はそーゆーのが苦手でして、全く気の利かないオナゴでござんす。

振り返っていろいろ考えると、何と言うか絶妙なタイミングと組み合わせだったなと。
セミナーが延期になった意味もわかる気がしました。
いろんなお話をするうちに、今生において似た様なテーマを持っていたりするのを発見して、とっても不思議な気持ちでした。
案外みんな似た様な事をやってるのかもしれませんね。それぞれのタイミングで取り組んでいるようです。
いろんなお話の内容はプライベートな事も含まれていますので紹介しませんが、今回こうして集まったのも必然なんだよなぁ~としみじみ思いました。
人との出逢いって不思議です。きっと各々のガイドが集まって作戦会議をやっていたんでしょうね。
見事、それにハマったなと・・・。

紹介出来そうな内容をひとつ♪
Dさんのお話。
共同探索で訪れる場所にあるBさんのレストラン。その2階にバーがありまして、あんじゅ★はそこで「ちいママ」をやっているのです。
Dさんはそのつもりでバーに行ってみると・・・そこにはあんじゅ★ではなく、金髪のツンツンしたアタマの男がいたらしいのです。
それって・・・!!おもわずEちゃんと顔を見合わせちゃいました。
「え?・・・え~~~???、金髪のツンンツンアタマの男ぉ~?それってウチのミカエルじゃん!!」
「ミカエルってどんな感じ?」
「ウチのはいかにもな天使の姿じゃなくて、プラチナブロンドにうっすらとラベンダー色の入ったツンツンアタマのパンクな兄ちゃんだよ!だからその人、うちのミカエルだと思う。」

こんな事もあるんですね。ホントにあの姿でいるんだ、ミカエル。
あんじゅ★は見えてる訳じゃないですからね~。
ただ「そんな感じだよな~」ってだけだから。
それを「見た」人がいるってのはビックリしました。

こうして時間さえあれば「朝まで生討論」でも出来そうな勢いで幕切れとなったのでした。
今回ご一緒した皆様、どうもありがとうございました。楽しかったよ~♪

本日はミカエルはホントにパンクな兄ちゃんだったお話?にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! 赤×緑=?




気分も華やぐ顔見世興行♪
2009年12月11日 (金) | 編集 |
今回の旅には様々な目的がありましたが、その中のひとつが「南座・顔見世興行」です。
     
     気分も華やぐ顔見世興行♪

昼の部に行った時は、舞台に向かって右側の桟敷席にずら~っと舞妓さん、芸妓さん、もちょっと年上のお姉さん方が並んでおりました。
いや~綺麗ですね~♪ 京都に来た~~~~!!南座に来た~~~~!!って感じです。歌舞伎座じゃこの光景だけはナイですからね!
幕が開くまえからとても華やかな雰囲気に浸る事が出来て気分も盛り上がります♪
客席を見渡しても和服の男性がけっこういるのですね。どこぞの若旦那さんかもしれませんね。

夜の部の休憩時間にあんじゅ★がロビーで遭遇した人物・・・・・・。
それは、なんと元首相のあのお方。ライオンヘアーの純ちゃんですっ!
やっぱ関西のおばちゃんは違うわ。
あんじゅ★の横にいたおばちゃんなんかいきなり「握手して~♡」ですもん。
うっ、あんじゅ★も便乗して握手してもらえば良かったョ・・・。
おばちゃんたちの「頑張って~」の声に純ちゃんはにっこり笑いながら「いえ、もう頑張らなくていいんです♪」と答えていました。
あんじゅ★は前にも純ちゃんを見かけた事があるんだけど、その時はお付きの人らしき人物が2人客席にまでついて来たけど、今回はご本人だけだったみたい。
普通の気さくな、ちょっと素敵な方でした。

今回の一番のお目当ては夜の部の「助六」です。
あんじゅ★が初めて観た歌舞伎はこの「助六」だったんです。
華やかな花魁の揚巻と、粋な江戸っ子の助六ですっかり歌舞伎に魅了されました。
以来、いつかは仁左衛門さまの助六、玉さまの揚巻というコンビが観たいと思っていたのが実現しました。

幕が開くとそこは吉原仲の町。
その吉原の三浦屋の店先に三浦屋の太夫である揚巻(玉三郎)、その客である髭の意休(我當)、揚巻の妹分の白玉(菊之助)、傾城たちや新造、意休の子分や若い者など大勢の人が並んでいてとっても華やかです。
女形の役の中でもこの揚巻の衣装はトップクラスの豪華さではないかと思います。
てことは、重いということでもありますが・・・。たしか全部で40キロぐらいあるとか。
そりゃもう、ため息の出る様な美しさでしたね~♡
衣装の美しさはもちろんの事、玉サマの凛とした揚巻はカッコいいです。

意休は揚巻のもとに通う上客だが、いくら口説いても助六という恋人がいるので相手にされない。あまりにもつれない様子なので意休は助六を罵る。
そんな意休に堪り兼ねた揚巻が悪態をつく。

今からがこの揚巻が悪態の初音。
意休さんと助六さんを並べてみたところが、こちらは立派な男振り、またこちらは意地の悪そうな男つき、たとえて言おうなら雪と墨、硯の海も鳴門の海も、海という字は二つはなけれど、深いと浅いは客と間夫、間夫がなければ女郎は闇、暗がりで見ても、助六さんとお前と取り違えてよいものかいなぁ。

あぁ、このセリフをや~なジジイにむかって言う時は聞いてるこっちも胸がす~っとしますねぇ。
そんなこんなで意休を残し、揚巻と白玉は店の奥へと入っていきます。
そこへ助六(仁左衛門)登場!キャ~♪カッコいいっ♡
助六さんはモテモテです。店先に残った傾城たちが次々と吸い付け煙草を差し出ます。意休も煙草を所望するけど1本も残ってないから、助六が「煙管の雨が降る様だ」と煙管を足の指に挟んで意休に差し出す。その後意休を蛇に例えて悪態をつく。
意休という綺麗な着物を着たお大尽のイヤなジジイに揚巻や助六が悪態をついてやり込める・・・これがきっと江戸庶民には大ウケにウケたんでしょうね。
権力者に堂々ともの申す姿は今だって胸がスッとしますからね~。

意休が店に入ってしまうと、そこへ白酒売の新兵衛(藤十郎)がやって来る。実はこの人は助六の兄で喧嘩三昧の弟を戒めに来た。
しかし助六の喧嘩には訳があった。紛失した重宝の友切丸の行方を探すため、喧嘩を売って相手に刀を抜かせて中身を確かめていたのだ。
それを知った新兵衛は助六に指南を受けて兄弟揃って喧嘩を売る事に。

この新兵衛さんは兄弟とはいえ助六とは全く違うタイプで、ちーっとも強そうじゃないどちらかというと柔らかい物腰の人なんです。その兄が弟に指南を受ける・・・慣れない事でぎこちない感じが面白いです。この辺は笑える場面が続きます。
運悪く通りかかった若衆や通人の刀を調べたり、言いがかりをつけて股の下をくぐらせるところは大爆笑です。
特にこの通人が面白いんですね。「股くぐれ」と怖い顔で睨まれちゃったから、もうしょうがないなぁ・・・くぐらなきゃこの人怖いしなぁ・・・って感じで、懐の匂い袋を股の下に振ってお清め?みたいな事をしたり、くぐる前に正座して手を合わせて「くぐらせて頂きます」な~んてね。この人のセリフもある程度役者さんが自由に出来る部分があるんです。今回は新兵衛が藤十郎さん、その股をくぐる通人が息子さんの翫雀さん。いきなり手鏡を取り出して「まぁ~あたしとそっくり!」。これは大ウケでした。

この後兄弟の母が登場したり、揚巻の協力で意休の刀が友切丸である事がわかったり・・・という感じで話は進んでいきます。

助六と揚巻というカップルが美しいこの演目ですが終盤まで2人のツーショットは無いんですねぇ、これが。
最後の最後はファンとしてはどっちを観ようか大いに悩みます。
というのも、揚巻は三浦屋の店先にいて花道を去っていく助六を見送っているのです。
ハムレットの心境?です。どっち~~~!?どっちも観たいけど無理!!
かわりばんこに観てましたけどね。

本日は京都南座にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。



京都より戻りました~♪
2009年12月10日 (木) | 編集 |
昨夜、5泊6日の旅より戻って参りました。
前半は当初の予定からいろいろと変更がありまして、お陰様でかねてより観たかったあの十一面観音さんに逢いに琵琶湖方面へ行く事が出来ました。ラッキ~☆
後半は予定通り、歌舞伎に浸っておりました。
途中、他のブログのオフ会や、Angel Box で知り合った方々にお目にかかる機会がありまして、大変有意義な旅になりました。ありがとうございます。
明日から通常営業?に戻ります。
またあんじゅ★のお喋りにお付き合いいただけたら嬉しいです。
これからもよろしくお願いします♪

今夜は忘年会なのでこれにて失礼!!

そうだ!京都へ行こう♪
2009年12月04日 (金) | 編集 |
本日より、ちょっくら京都に行って参りまする。
アレを観にね・・・。
そう、京都南座の顔見世興行~♪
普段、歌舞伎座に通うあんじゅ★ですが、コレは年に一度のわくわくタイムなのです。お祭り気分です。
あぁ、今年も南座に行かれる・・・幸せだなぁ♡ ありがたい事です。

という訳で、ブログは潔くお休みして遊びに集中で~す。
いつもあんじゅ★のお喋りにお付き合いくださる皆様、ありがとうございます。
来週半ばには戻りますので、また来てね♪

初めの一歩はあんよから
2009年12月02日 (水) | 編集 |
時が経つのは早いもので、もう12月です。
前回仏像彫刻ネタを書いたのがもう半月以上も前だったとは・・・。
今日は前回の続きをご紹介したいと思います。

3種類の文様の板彫りを終えると、ちょびっと立体になります。
といっても、いきなり複雑なのは無理!!
しばらく仏像のパーツで練習します。
第一弾は「仏足」(ぶっそく)です。

途中経過の写真を撮っていないのでいきなり出来上がりですが・・・。

     初めの一歩はあんよから

カニみたいですが・・・。
左右の足を彫ったらカニになっちゃいました。
真ん中で切り離してもいいんですけどね。
大きさは幅が5センチ弱、高さは甲が2センチ弱、親指の先が1センチ程です。

     初めの一歩はあんよから
     初めの一歩はあんよから

仏像の足はわりと平坦なかまぼこ型の様な感じで、つま先がすこしだけ上に反っています。
慣れない彫刻刀で爪を彫るのは大変でした。
左右二組練習して仏足は終わりです。

たとえあんよでも出来上がったときは嬉しいですね~♪
あんじゅ★がこれをやったいた頃に、上野の国立博物館で仏像展が開かれていまして、何度か見に行きました。
足とか手とかのパーツをじっくり観察しちゃいましたね。
その時出逢った美しい十一面観音に逢いに行きたいな~。
仏像って美術館や博物館で見るのも良いんですが(360度見れたりしますからね)やっぱり何かが違うな~と感じます。
本来のステージに立っている姿を見たい。
その空間の空気と温度、匂いも全てが一体となった姿が一番素敵なんじゃないかと思うし、目に見えない何かが伝わるようにも思います。五感で感じるとでも言いますか・・・。
たとえ薄暗くて良く見えなかったとしても、その場所を訪れることで感じるものがあるんじゃないかと思うんです。

本日はカニ足?にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! 銀杏並木は残念でも・・・?



う、動けニャい・・・
2009年12月01日 (火) | 編集 |
今日は昭和記念公園にカメラを持って出掛けました。
くいなっち!さんが、銀杏並木の写真を撮りたいというので、くっついて行ったのです。

その、肝心の・・・お目当ての銀杏並木が・・・

     う、動けニャい・・・


アンビリーバボー!
ココはどこ? 葉っぱぜーんぜんないのよぉ~。
ウチの近所も、ココに向かう途中も、都心の方だってみ~んな今が見頃なんだけどなぁ???
この公園だけ季節を先取りのようです。残念!!

でもね、夕食後のデザートはてんこ盛り♪

     う、動けニャい・・・


この店、「デザート3種盛り」といって、ワゴンで数種類のデザートが運ばれてくる中から好きなのを三つ選べるんですが・・・。
今日は好きなのがいっぱいあって迷っちゃった。
そしたらね、おねーさんが
「プラス160円で4種盛りもできますよ♪」
な~んて裏技を教えてくれるじゃないの! 知らなかったよ。
するとね、気になるデザートが5個もあったくいなっち!さんは、
「じゃあ、プラス320円で5種盛りもOK?」
などと大胆な発言を・・・!!
そんならあんじゅ★も~
それでこんな事になっちゃったんだなぁ~♪

ちなみに左から、チーズケーキ、アップルタルト、かぼちゃのタルト、チョコケーキ、塩キャラメルのムース。
どれも美味しいんですが、特に塩キャラメルのムースは・・・たまらん♪
目出度くコレでシメましたとさ。
お腹パンパンでまだ苦しいです~。今日はコレまで。

本日はデザートに埋もれたあんじゅ★にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

Angel Box 更新してま~す! ミキモトのツリー