FC2ブログ
私の周りの見えない存在たちとのフツーの会話+ヘミシンクのぷち体験。難しい話は抜きにして、頑張りすぎない、ゆる~いスピ?な日々。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
子猫がくれたもの
2010年03月10日 (水) | 編集 |
先日は花粉症を撃退したお話でしたが、実はもうひとつ撃退した・・・というか「してもらった」モノがあるんです。

あんじゅ★は猫が大好きです♪
何処かのお家のコも野良猫もペットショップで眺めるのも好きです。
そして我家にはにゃんこがいます。
その猫姫あんずさんがウチに来る数年前の事・・・・・・。

西表島でいつもお世話になる宿には猫がいました。
それはそれはカワイイ・・・じゃなくて、ニャン相の悪い?・・・失礼!個性的な柄の三毛猫でした。
個性的なちょっとコワい顔つきで、人間が構おうとすると「フーッ」とか「シャーッ」としか言わずいつも怒ってるみたいでした。
もともとゴミ捨て場に捨てられていたのを宿のオーナーが連れ帰ったとかで、あまり人間に対して良い印象を持っていなかったんでしょうね。
その三毛猫には一匹の子供がいまして、コチラは育児放棄の母親に変わってオーナーがミルクを与えて育てたので人間大好きなコになったようです。
茶トラの子猫はいつも好奇心いっぱいで長い尻尾をピンとたてて、お客さんに「あそぼ♪」と近づいてきます。
このハナちゃんのおかげでくいなっち!さんが猫好きになりました。
このコのおかげであんじゅ★も子供の頃以来久々に猫と遊ぶ事が出来ました。
西表島に行くのが増々楽しみになっていき・・・・・・。
滞在中はダイビングがメインですからそんなに遊べませんが、帰る日などは船の時間まで暇ですから名残を惜しみつつ猫をグニグニ・・・。
すると、なんだか目が痒くなってきたんです。
赤くなってきて、涙も・・・!? ガ~~~ン!!
そう、猫アレルギーが発覚したのでした。

よく耳にしますね、猫好きの猫アレルギー。
そして皆さん「それでも猫はやめられない!」とのお考えのようで、涙を流しながらも猫と暮らし続けているという人も多いみたいです。
勿論、あんじゅ★も猫アレルギーだからといって猫さんとのお付き合いをやめる気は更々なく年月は過ぎていったのでした。
そして数年後に我家にあんずさんがやって来ます。
毎日鼻はムズムズ、ティッシュ必需、目はかゆかゆな日々で、子猫の発する得体の知れないアレルギー物質?を排除すべくやたらと熱心に掃除してましたね~。
あんずさんが来て1ヶ月後には咳が止まらなくなりました。
昼も夜もず~っとコンコンしてたんです。
その咳も始めは軽かったんですが、だんだんと胸の辺りが咳き込む度に痛くなって、別の病気?って思う程。
そんな激しい咳が更に1ヶ月続いた8月のある日の事。

夜中に突然、左腕の内側のやわらか~い所を20センチ以上引っ掻かれた!!

猫アレルギーの人が猫に引っ掻かれるとどうなると思います?
ミミズ腫れみたいにプク~ッとなるんです。
突然の出来事に子供のように大泣きするあんじゅ★の腕には一筋の引っ掻き痕が・・・どんどん腫れてきます。
「もう、何なのよぉ~、アタシが何したってゆーのさっ!」とぷんぷん怒りながらもショッキングな出来事でした。

それから半月程立った時、体の異変に気付いたんです。
くいなっち!さんが「そ~いえば、最近殆ど咳してないね。」
???
あれ~?そうだよ! なんか楽じゃん♪
更に半月程過ぎたら、完全に咳は止まって何処も痒くなくなったんです。
試しにあんずさん腹毛に顔を埋めて深呼吸をするという大胆な方法でチェックしてみました。
ダイジョーブ!! 痒くならな~い。
まさか猫アレルギーが治った!?
とりあえずマンション猫であるあんずさんはOKな様子。
その後西表島に行った際「卒業試験」と称して宿の三毛猫でも試してみましたら何ともありません。
彼女はお外も出入り自由な猫、しかも亜熱帯の島ですぐ側のジャングルのような茂みも毎日お散歩してますから得体の知れないものを振りまいていても不思議ではない。
このコでOKなら多分ね?

目出度く猫アレルギー卒業です!!

猫のあんずさんが猫アレルギーを治してくれたのです。
これはヘロヘロでヨレヨレな子猫を拾った恩返しなのか???
この出来事から「花粉症も治せるんじゃ?」と、先日ご紹介したノーガード戦法へと発展していった訳なのでございます。

こうしてあんじゅ★はふたつのアレルギーを克服しましたが、どちらも過激といえば過激な方法ですね。
花粉&猫アレルギーはこんな方法でも治るらしいというホンの一例でした~♪

本日はあんじゅ★的猫アレルギーの治し方にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~

スポンサーサイト




植物のおかげです☆
2010年03月05日 (金) | 編集 |
3週間ほど前に書いた記事の終わりに
「お片付けがちょっとブームになりそうな予感♪」
なんて書いたらホントにマイブームがやって来まして、あっちもこっちも整理整頓&お掃除をしたくてたまらない状態になりました。
そして今の所スッキリした状態も保っています。

我ながらよく続いてるなぁ~と感心してしまいます。
スッキリな状態を保つために我家にやって来たのが観葉植物たちです。
小さいの・・・蕎麦猪口に入るくらいのをいくつか買って来て、家のあちこちに置く事にしました。

過去に何度か買って来た事はあったんですが、つい手入れを怠って枯らした事が何度あったか・・・。
それと、好奇心でなんでも「カプカプ確認」してしまうあんずさんに狙われがちでもあったので、新たな植物はやめとこうかな~って思ってました。
そうは言っても植物の無い部屋は殺風景ですから、ココはひとつオトナじゃ~んなあんずさんを信じてみることにしました。

この小さな観葉植物たちのお陰でスッキリが保てているのではないかと思う所もあります。
というのは、これらを置く事で「その場所はそれを置くのにふさわしい状態か?」を考えるようになったからです。
雑然とした中に植物を置いても美しくありません。
植物が引き立つようにしようと思えば、自然とその周辺をキレイに保とうとしてしまいます。
すると、その一角と別の場所を見比べた時にバランスの悪さに気付きますから、どんどんスッキリさせたくなってきます。
ひとつ数百円の植物を置く事でキレイの連鎖反応が起きちゃいましたから、なんともお得な感じです。

片付け始めると、何で今までコレを捨てられなかったのか???ってモノが沢山出てきますね。
それを見ながら首を傾げたり笑っちゃったり・・・。
全て気持ち良くゴミの日にバイちゃ!です。
でも、それを買ったときは必要だと思ってたんでしょうから、やはりいつの間にか自分の中身やエネルギーは変化していってるんですね。
どうも最近その変化が急激に起きている様な気がするんですが、だからこそ片付けたくなるのかもしれません。
自分で自分の変化についていけなくなりそうな時もあったりしてね♪

本日はグリーンでスッキリなお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~