FC2ブログ
私の周りの見えない存在たちとのフツーの会話+ヘミシンクのぷち体験。難しい話は抜きにして、頑張りすぎない、ゆる~いスピ?な日々。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
下駄で踊ればハッピーに
2010年02月19日 (金) | 編集 |
先日は歌舞伎座の夜の部に行ってきました。
一、壷坂霊源記(つぼさかれいげんき)
二、高杯(たかつき)
三、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

壷坂霊源記
盲目の座頭沢市(三津五郎)と女房・お里(福助)は貧しいながらも仲睦まじく暮らしている。器量良しと評判のお里は献身的に夫に尽くしています。一方、沢市は連れ添って三年の間毎晩お里が出掛けていくので女房に疑念を抱くようになっていた。お里に問いただすと、沢市の目が見えるよう壷坂寺の観音様に毎日通っていたのだと言う。
お里の気持ちに感謝しつつ二人でお参りをする事に。そこで沢市は一人で願掛けのお籠りをすると言いお里を家に帰す。
沢市はお里にこれ以上迷惑をかけたくないと身投げしてしまう。
胸騒ぎがしたお里が戻ると谷底に月明かりに照らされた沢市を見つける。
盲目の夫が一人で死んでいくのは不自由だろうとお里も身を投げるが・・・。

福助さんが可憐です♪
こんな奥さんが夜な夜な出掛けたらそりゃぁ心配でしょうよねぇ・・・って、沢市さんには見えてないんですが。
物語は最後に観音様によって二人の命が助かり、沢市の目が見えるようになります。
初めて見る自分の女房に「どなたさんですか?」と話しかけ、あまりに美しいのでびっくりして「こんな綺麗な人が自分の女房であるはずがない」と戸惑う沢市。
改めて目を閉じて声を聞いてようやくこの人だ!とわかるんですが、この場面は見ていて嬉しくなってきます。
目が見えるようになった嬉しさで踊りだす沢市がこれまた良かったです。
可憐な福助さんと三津五郎さんの踊りで大満足でした♪

高杯は下駄を履いた舞踊です。
大名某(彌十郎)が家来の太郎冠者(亀蔵)と次郎冠者(勘三郎)を伴って花見に出掛ける。
大名は杯を地面に置こうとする次郎冠者に高杯を買ってくるように命じて太郎冠者と共にその場を去る。
しかし、次郎冠者は高杯が何なのかを知らない。
そこへ通りかかった高足売(橋之助)に騙されて高足を高杯と思い込んで買ってしまった上に、大名の酒を二人で飲んで酔いつぶれてしまう。
戻った大名にコレが高杯だと言い張って高足を履いて踊りだす。

高足=高下駄での踊りがとっても面白いんです。タップダンスです。
実際この踊りは六世菊五郎が、初演当時流行したタップダンスに着想を得たものだそうです。
次郎冠者という、どこかすっとぼけたキャラに勘三郎さんがぴったり♪
このキャラの雰囲気がすっごく自然に・・・地でいってるんじゃないの?くらい馴染んでまして、さすがだなぁ~と。
勘三郎さんっていつも観客をワクワクさせてくれますね♪
高足売は次郎冠者が高杯が何かを知らないのを悟り巧みに高足を高杯だとご丁寧に使い方まで説明して売りつける。
この高足売の橋之助さんの表情が良かったですね~。
この二人のやり取りはおもわず「ぷぷぷっ」って笑っちゃいます。
酔いつぶれた次郎冠者が踊りだし、最後には大名と太郎冠者も一緒に愉快に踊りだす。
何ともハッピーな気分にさせてくれる大好きな演目です♪

あとひとつ籠釣瓶花街酔醒がありますが、長くなっちゃったんで今日はこれまで。

本日は歌舞伎のお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
夜の部について
昼と夜と、感じ方に違いを感じますか?
館内に入ってしまえば昼も夜も同じでしょうけど、そこに入るまでの過程が雰囲気違うと思うのですが、如何に。
僕は映画なんかでも日が暮れてから見たい方です。
その方がなんとなく落ち着くです。
2010/02/21(日) 23:38:22 | URL | けいすけ #Rpr2mVu.[ 編集]
Re: 夜の部について
けいすけさん、いらっしゃいませ~☆

そうですね~、歌舞伎の場合は昼と夜とで演目も違いますからね~。
この前も、外が雪が降りそうなくらい極寒でしたが中に入れば異世界で、終って出るまで天気の事などすっかり忘れてました。
ただ、建物に入るまでの過程としては、日が西に傾いてからの方が気分が盛り上がりますね♪
何となくウキウキ&ワクワクするように思いますよ。
2010/02/22(月) 17:53:25 | URL | 杏樹香 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック