FC2ブログ
私の周りの見えない存在たちとのフツーの会話+ヘミシンクのぷち体験。難しい話は抜きにして、頑張りすぎない、ゆる~いスピ?な日々。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
その微笑みが狂わせる
2010年02月22日 (月) | 編集 |
先日の続きで、歌舞伎座の夜の部です。
一、壷坂霊源記(つぼさかれいげんき)
二、高杯(たかつき)
三、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

最大のお楽しみはコレ。
籠釣瓶花街酔醒
上州佐野の絹商人・佐野次郎左衛門(勘三郎)は下男の治六(勘太郎)と共に吉原仲之町はやって来るが、田舎者と目をつけられ騙されそうになる所を立花屋長兵衛(我當)に助けられる。
帰ろうとする二人は傾城・九重(魁春)と七越(七之助)の花魁道中に出くわし、念願の花魁道中も見たのでいよいよ帰ろうとする所、脇の二人にもまして絢爛豪華な八ツ橋(玉三郎)の道中と遭遇。
あまりの美しさに次郎左衛門は魂を奪われてしまい、その後八ツ橋の元へと通うようになる。
八ツ橋の親代わりである釣鐘権八(彌十郎)は、良い金蔓が出来たと立花屋・おきつ(秀太郎)に金策を頼むが断られ帰っていく。
怒った権八は八ツ橋の間夫の繁山栄之丞(仁左衛門)に、八ツ橋は次郎左衛門に身請けされる気だと栄之丞の不安を煽る。
栄之丞に今晩の座敷で次郎左衛門への愛想尽かしを迫られ困惑して泣き出す八ツ橋。
一方何も知らない次郎左衛門は八ツ橋を身請けするつもりで、絹商人仲間を連れて来ており九重や七越らを座敷に呼んで八ツ橋が来るのを待っている。
ようやく現れた八ツ橋は次郎左衛門に顔を合わすのも嫌だと愛想尽かしを始め、身請け話を断り今後は来ないで欲しいと言う。
皆の前で恥をかかされ恨み言を述べ始めた時、廊下から座敷の様子を窺う栄之丞に気付く。
次郎左衛門は全てを察し八ツ橋に尋ねると、栄之丞は自分の間夫だと言って座敷を去った。
打ちひしがれて帰っていた次郎左衛門だが、四ヶ月後に再びやって来た。
やがて八ツ橋が挨拶をしに連れて来られて・・・・・・。

とにかく目を奪われるのは玉サマの八ツ橋の圧倒的な美しさですね♪
登場すると場内からため息と心地よい緊張感が・・・。
この独特の空気を創れる女形はやはり玉サマだけかも。
歌舞伎で花魁道中を観るのはいつも楽しみですが、豪華に三人ですからね~ココ観ただけでも観て良かった♪って思っちゃいます。
さて、田舎者の次郎左衛門さんは人柄も気前も良くって「佐野の大尽」なんて呼ばれてるくらい「良いお客」なんですが、ただひとつ残念なのは顔中が痘痕だらけなんです。
一方八ツ橋の間夫の栄之丞は浪人者ですが、八ツ橋が郭勤めをする以前から深い仲でめっちゃイケメンなんですね~♪
八ツ橋もツライ立場ですよね。栄之丞に惚れてるからこそ彼がプー太郎で世間ではヒモと言われていようがお構い無しに、仕送りや新しい着物を届けたりしてるんです。
でも遊女ですからお客との営業上のお付き合いも大事なんで、客に愛想良くもします。それに金で縛られてる身でもあるんであまりワガママも言えません。

さて、久しぶりに来た次郎左衛門はこの後八ツ橋と二人きりになると、持参した妖刀・籠釣瓶で八ツ橋を斬ります。
おそらくその人柄の良さもあってか、花魁のもとに通いつめ身請け出来る程に彼の商売は順調だったはずです。
その彼の人生が何処で狂ってしまったのか・・・・・・。
最初に吉原に来た時は江戸での商いの帰りで、話の種に吉原見物でも・・・って軽い気持ちで来ただけなんです。
ところが・・・・・・
八ツ橋が花魁道中で通り過ぎたあとに次郎左衛門を振り返って笑みを浮かべます。
それを見た彼は「宿に帰るのがいやになった。」ビビッときて一目で見染めちゃったんですね。

それにしても次郎左衛門もさぁ、人殺しになっちゃう程思いつめなくたってね~って思うんですが。
そりゃあさ、人前で恥かかされて悔しい気持ちはわかるけど。
相手は遊女ですから本気でのめり込んじゃぁいけませんでしょ。
楽しく気前良く遊んで「お大尽」でいれば良かったのにねぇ・・・。

次郎左衛門に斬られて命を落とす八ツ橋の最期は美しいです。
斬られてくるっと後ろ向きになると、海老ぞりで(イナバウアーで?)倒れます。

本日は歌舞伎のお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
本日のお題は・・・・・・今日は猫の日だって! 

スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
「その微笑みが狂わせる」
世界のは多くの芸能がありますが、嬉しい表現をあからさまに笑わず、悲しい時に涙を作らない芸能があります。
最たるものが歌舞伎です。
歯を見せて笑ったり、涙を流して悲しんだりしなくとも、最高の感動を伝えられるのも素晴らしいですね。
2010/02/23(火) 01:05:27 | URL | けいすけ #Rpr2mVu.[ 編集]
Re: 「その微笑みが狂わせる」
けいすけさん、いらっしゃいませ~☆

そうですね、歌舞伎もそうですしが日本の芸能というものには「様式美」がありますよね。
仕草や台詞でそのものを表現しなくても、観る側が想像したり察したりする部分が残されているようにも思います。
2010/02/24(水) 21:07:20 | URL | 杏樹香 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック