FC2ブログ
私の周りの見えない存在たちとのフツーの会話+ヘミシンクのぷち体験。難しい話は抜きにして、頑張りすぎない、ゆる~いスピ?な日々。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
花粉症撃退法
2010年02月25日 (木) | 編集 |
今日は暖かい南風が吹いて、「あぁ、春は微妙に近づいて来てるのね♪」と嬉しくなってきました。

さて、毎年この時期になると話題になるのが「花粉症」ですね。
今年はどうなんでしょうか?
あんじゅ★も早いときは立春辺りから鼻がムズムズ・・・でした。
ん?過去形?
そう、あんじゅ★にとって「花粉症」って過去形の話なのです。
今はぜーんぜん平気♪ 治っちゃったんです。

あんじゅ★の花粉症歴は長く、それは世の中に「花粉症」という言葉が氾濫するずっと前からでした。
3学期になって暫くすると、授業中に鼻がムズムズしたり、鼻水が沢山出たり、目や喉の奥が痒くなったりするって事に気が付きました。
そしてそれが新学期の始めまで続くので、早春というのはちょっと憂鬱な季節でした。
以来30年程そんな事が続いて、いつの間にかそれが「花粉症」というもので日本中にそんな人がいる状態。
最近は花粉症対策グッズもいろいろあるようですね。
昔はこんなになかったですから市販の鼻炎の薬を飲んでましたが、頭はボーッとするし、眠くなるし、痛くなるほど鼻の中が渇くので外出時に仕方なく飲んだ程度。
そんな訳で出来れば薬は飲みたくないんで、他の方法を探りました。
甜茶もよく飲みましたね。甜茶のサプリとかも。ヨーグルトを食べるといいらしいと聞けば毎日食べたり。

いろいろと試してもがいてきましたが・・・数年前に治った!!
どうやって?
それはね、相手を受け入れて流れに逆らわない事
どういう事かって?
何故不快な症状が出るのでしょう。
それは体が花粉を敵だと認識しちゃったからですね。
だから敵である異物を懸命にあの手この手で体外に出そうとするんで、鼻水・くしゃみ・涙、いろんな症状が出ます。
体にとってはコレは当たり前の反応なんですが、大迷惑なのでぜひ止めて頂きたい。
どうすれば止めてもらえるのかって言うと、花粉を敵だと認識しなければ良い訳です。

そこであんじゅ★が採った作戦は「ノーガード戦法」です。
あんじゅ★は良く知らないんですが「あしたのジョー」にそんなのがあるとかで、くいなっち!さんがこう命名してくれました。
要するに、何もしなかったんです。
鼻炎薬も目薬もお茶もサプリも・・・な~んにもしない。
鼻が出たらかむ。くしゃみも思いっきりする。目が痒かったらこすらずに水で洗う。
体の自然な反応を薬で止めるのではなく、やりたいようにやらせておく。
面倒ですし時間も掛かりますがそのようにして何シーズンか過ごしたら、ある時いつもの時期に鼻が快適な自分がいたのです。

この時、体では何が起こったのでしょう。
そうです、ついに白旗を揚げたのです。
いくら追い出してもやって来る花粉という敵に対して「降参!もう勝手にして~」と。
いくら戦ってもきりがないので戦う事を放棄したのですね。
これであんじゅ★の体にとって花粉は敵ではナイことを体が自ら認めたのですから、その後全く症状が出る事はありません。

自ら認めて白旗を揚げるってところがミソかな~とも思います。
薬を飲むってのは、イメージとしては頭ごなしに「アンタっ、コレは敵じゃないってば!今すぐその反応を止めなさい!」って言われてる様な感じじゃないかなと。
誰だって頭ごなしに言われたら納得出来ません。
だから、薬の効果が切れると再び様々な症状を起こして敵を外に出そうとする。
体にしてみればそれが自分のやるべき仕事だから、それを全うしようとする。
そこで薬という頭ごなしなやり方をやめてみる。
今まで通り体は花粉を敵とみなして戦い続ける。
そして延々と戦った末に「もういっか、やれるだけやったし・・・」とか、「ひょっとして、コイツ敵じゃないかも?」って気付くのかもしれません。

こんな投げやりな方法を思いついたのは、数年前に何かを調べていた時に「出る症状を止めない事」って書いてあったのを見たから。
また、別の何かで・・・コチラは花粉症のお話だったと思いますが・・・「戦っても戦っても花粉が来ればいつか体は白旗を揚げる」と聞いたことがありました。
それならば「気が済むまで戦っていいよ、邪魔しないからさ~」と思うことにしましたて、不快な症状を薬やサプリで止める事をやめちゃいました。
この様に考え方を変えると、今まで「No More 花粉」と拒否していたのが「花粉 Welcome」になってきます。
じゃんじゃん花粉に来てもらえば白旗を早く揚げるんじゃないかとか思ったりして。
ホントにそれで早まるのかは解りませんが、今まで拒否し戦っていた相手を受け入れるという心の変化はきっと体にも何かが伝わったと思います。
そして、不快な症状も全て受け入れるのだ!と大袈裟ですが覚悟を決めました。
これは自分の体をもっと信頼する事でもあったのだと思います。
体のやってる事・・・たとえその結果が快適でなくても・・・否定せずに受け入れる。
こうして、始めの方にも書いた通り「相手を(自分も)受け入れて流れに逆らわない」ようにしたら、花粉と仲良しになったお陰で花粉症とはバイちゃできたのでした。

興味のある方は「ノーガード戦法」試してみちゃう???
特別何かをする訳でも、何かを飲んだりする訳でもないので害は無いでしょうから。
必要なのは不快な症状に耐えてやろうじゃん!って覚悟と忍耐ですかね。
症状が出る間はつらいけど、一度白旗を揚げさせたらあの憂鬱さからは開放されます。快適です。
少々時間は掛かりますが、お金はティッシュ代くらいです。
毎年花粉症対策をバッチリして過ごすか、一時それを止めて症状に耐えた後に花粉症そのものから開放されるか・・・。
最近は治療法もいろいろあるんでしょうから人それぞれですけどね♪

本日はムズムズするお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
こんばんはー。
ほんとうに そのとおりです。
嫌うと悪いことは増えると思います。
「辛さはその想像で増幅される」と思うのです。

それに関連すると思いますので、ちょっとコマーシャル。
作家喜多川泰が「心晴日和」という本を出版しました。お薦めします。
「想像が創造を生む」ってあるのだと思います。
2010/02/26(金) 00:34:42 | URL | けいすけ #Rpr2mVu.[ 編集]
Re: こんばんはー。
けいすけさん、いらっしゃいませ~☆

> 「辛さはその想像で増幅される」と思うのです。
同じ増幅されるのなら、辛い事より楽しい事の方がいいですね♪
見えない世界の探求では「想像=創造」なのだとよく言われます。
ご紹介くださった本は出たばかりなのですね。けいすけさんのブログの記事も読ませて頂きました。少女と老人が登場するのですか・・・ちょっと好きな系統かもです。
2010/02/26(金) 21:46:53 | URL | 杏樹香 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック