FC2ブログ
私の周りの見えない存在たちとのフツーの会話+ヘミシンクのぷち体験。難しい話は抜きにして、頑張りすぎない、ゆる~いスピ?な日々。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
高い所は・・・
2010年02月18日 (木) | 編集 |
毎日の簡単なヨガとチベット体操は地味に続けています。
まず最初に呼吸を意識してホンの僅かの時間ですが瞑想します。
この時に目を閉じるとたま~に映像が浮かぶときがあります。

つい最近見えたのは山でした。
眼下には茶色くてツンツン尖った沢山の山が一面に広がっています。
私は何処にいるのだろう?
とてつもなく高い山の上かと思ったらそこから移動し始めました。
眼下に見えている山の景色が横になり上になり!?
どうやらゆっくりですが飛んでいるらしいのです。
アクロバット飛行みたいにくるっと回転も出来てかなり自由に動けるみたい。
うわ~もっと見たいよ~と思いましたが、ヨガのDVDが次のステップに進んでしまったので残念ながら途中でおしまいでした。

あんじゅ★はよく飛んでるイメージを見るんです。
物凄いスピードで雲の中を飛んでいた時は、まるで自分が龍かなにかになったみたいな気分で、空を飛ぶ事が嬉しくてたまらないって感じでした。
何処かの遺跡の様なところに、ふわりと空から降り立った時は自分が飛んだのではなくペガサスに乗って・・・!?
ヘミシンクで宇宙に行った時は自分が彗星になってるみたいな感覚でした。
子供の頃何度も見た夢では、ハンガーに掴まって飛んでたし・・・。

乗物に乗るってのはあんまりなくて、自分で飛んでいる方が多いですね~。
飛んでるって事は高~いところから地面を見下ろしている訳ですね、当たり前ですが。
あとは、あり得ない様な高~い場所に立ってることもあります。
それは塔の上だったり、グランドキャニオンみたいな所だったり。
そしていつも足場が物凄く狭い。
下を見たらゾッとしそうな景色ですが、全く怖いとは思わないの。
非物質の世界ではかな~り楽しんでる様子。

ですが・・・あんじゅ★は高い所ダメダメなんです~~~。
テレビの映像で見ただけでもお尻がムズムズ・ゾクゾク。
現実の高所恐怖症と空飛ぶイメージは何か関係があるのだろうか?
たんなる願望??
それとも飛んでる方が本来の姿なのか?とか思ったりして。
魂だけならふわふわと何処へでも自由に行けそうですからね。
それが肉体というちょっと扱いづらい乗物に乗る事で、重力をはじめ様々な感覚を感じられるのかもしれない。
それならば高い所から下を見て「怖いよ~」って思うのも肉体を持って生きているから感じられるものなんでしょうね。

オリンピックに出る人たちは凄いですよね。
スピードや高さから来る恐怖心を克服したからこそ出来る事ばかりです。
しかもそのスピードや技はどんどんレベルアップしてきている。
前のオリンピックまでは単なるスポーツ、競技として見ていたんですが、今回はちょっと違った目で見ています。
それは、人類が肉体の限界に挑むチャレンジの場なのかなと・・・。
そう思うと、選手たちは各国の代表というよりは人類の代表みたいなもんですから、「みんな頑張って~♪」と素直に思えちゃいます。

本日は「頑張れ人類!?」にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
本日のお題は・・・・・・泡のアート あったか~いカプチーノをどうぞ



楽しいは健康のモト
2010年02月15日 (月) | 編集 |
東京は寒いです。
今週の天気予報にいくつもがあります。
一体どうなっちゃってるんでしょう???
西高東低の冬型の気圧配置は何処へ・・・・・・。

先日ウチにヤクルトの営業の人がやって来て「試しに飲んで頂きたくてお配りしてます」とヤクルト400を数本くれた。

その時に、
「普段ヤクルトはお飲みになりますか?」
「いや~、私が子供の頃は飲んだ事あるけどね・・・。」
「それはスーパーで販売されているものでしょうか。それともヤクルトレディが訪問して?」
「スーパーだけど。」
「最近はお飲みになりますか?」
「い~え、全然。だから私が子供の頃ね。」
「それでは普段は乳製品は何を・・・牛乳やヨーグルトでしょうか?」
「あぁ、そうだけど。」
「それはやはり、お腹に良い乳酸菌とかを体に取り入れたいからですか?」
「はぁ~? あのさ~、アタシはね単純に好きだから牛乳飲んだりヨーグルト食べるのよね~。」
「あ、お好きだからなんですね。それで、ヤクルトはお飲みになりませんか?」
「だからぁ~、子供の頃は飲んだけど最近はね~・・・。」
な~んて会話がありました。

要するにそれを毎日飲み続けると色々と体にいい事があるらしいのですね。
でも、ちょ~っとマッタ!!
だいたい「○○という食品の△△という成分が□□に良い」という理由からそれを食べたり飲んだりするって、なんかヘンじゃない?
病気療養中の人ならともかく、そうでない人にとって食事ってのは楽しむ事も大事だから「好きなものを楽しんで食べる」でしょう!
一時期テレビ各局で流行った情報番組で「○○が□□に効く」なんてしょっちゅうやってたけれど、その○○の成分と効果にばかり注目して食べる食事ってどうなんでしょ?
それは決して豊かな食事とは言えない様に思います。
たとえ見た目は豊かでも心が貧しい。
好き!美味しい!楽しい!幸せ!って気持ちで食べた方がその食品だって喜ぶはずなので、体にも心にも良いと思う♪

いくら好きで、幸せ~って思っても食べ過ぎはNGですよ。
楽しさの後に苦しさがやって来ちゃいますからね~。
過ぎたるは及ばざるが如し です。
何事も程々の範囲で最大限に楽しめば、本来の何割増かのチカラを発揮するのかもしれないな~と思います。
それだけ楽しいとか幸せって言葉に秘められたパワーは強いのかもしれません。

誰か一人がいつも楽しそうでニコニコしていたら、その周りの人も何だか嬉しくなってきます。そしてそれが更に広がっていきます。
あんじゅ★は、私たちの体の中でも同じ様な事が起きているんだと思います。
そして、体と心は繋がっていますから「美味しいね~♡」って思いながらご飯を食べると、ハッピーな気分が体中の細胞に伝えられていって細胞たちも気分よくそれぞれの仕事を全うしてくれそうな気がします。
結果、健康でいられるから更に楽しい体験が出来る・・・と。
ハッピーなパワーは人々のそして自分自身の体の潤滑油みたいなものかもしれないですね。

一人の営業マンが発した、あんじゅ★とは違う価値観の言葉から話は思わぬ展開になりました。
今日、再びその人が来たけど丁度「男子モーグル決勝」を見てたから軽~く無視しちゃいました~♪ 
ごめんなさ~い!!
きっと世の中にはウチよりもっと良いお客さんがいるから、頑張ってね♪ 

本日はあんじゅ★のお喋りにお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
本日のお題は・・・・・・樹の花 寒いからほっこり暖かそうなのをね♪



だんだんノッてきた♪
2010年02月13日 (土) | 編集 |
一昨日の記事に書いたお片付けですが、あまり一度に頑張りすぎると途中で嫌になっちゃうって事があるんです、あんじゅ★の場合。
ですから毎日ちょっとずつやる事にしています。
何でも良いから1カ所か2カ所ぐらい手を付ける・・・そして「良くやったね~♪」と自分を褒めまくる(コレ大事)♪
そうしているうちにまだやってないところが気になり始めて・・・え~い!ココもやっちゃえ~!!と、楽しく&いつもより余計に出来ちゃう。
こんな流れでオリンピックの開会式を見ながらキッチンのお掃除にいそしんでおりました。

自分の部屋の方も小物を整理出来そうなグッズを注文したり、そのために必要ないモノを見極めたりと盛り上がっておりまする。
某事務用品メーカーの商品を注文したんですが、同じサイズで引き出しのサイズや数などのレイアウトが違うものが何タイプかあります。
今週に入って突然、数ヶ月前に伊東屋で貰ってきたその商品のチラシを思い出して、どういう組み合わせにしようか、何処にどれを使おうかなどをメジャー片手にさんざん検討していました。
どうせ買うなら、楽天で探してポイント○倍の時にしよう!
などど目論んでいたんですが、その時がなかなか訪れませんでした。
それを待つ間にアイディアは膨らみます。
ココでこんな使い方が出来るかも?とか、こっちにもあったらアレがスッキリと納まるな・・・などなど。
そして、当初の予定から変更が数回あってようやくOK!なプランがまとまった時に見たら「ポイント3倍」になってましたんで早速注文しました。
ニャ~るほど!素晴らしいタイミングでしたね。
まだまだ検討の余地はあるよ~って事だった訳で、慌てて注文しなくて良かったです。

お片付けをしているといつも思うコトがあります。
ウチの地域では燃えるゴミが週2回、燃えないゴミが1回、資源ゴミが種類別に2回となっています。
だいたい不要品は燃えないゴミか資源ゴミの事が多いんですが、何で週1回の回収の日が過ぎたとたんに捨てたいモノが出てくるんだろう!?と・・・。
それを捨てるまでに1週間待たなきゃならないよぉ~!!
こんなコトよくありません?

何故そんなタイミングになるのかはともかくとして、一カ所を綺麗にすると雪崩の様な現象が起こりますね。
あ・・・詰め込まれたものが雪崩ごとく落ちて来るんじゃないですよ~。
それまで何とも思わずに暮らしてきたのに、いろんなところが気になりだして不要品が出るわ出るわ・・・。

あんじゅ★の考えでは、不協和音を感じるからだと思うんです。
まず、「よっしゃぁ~~~!片付けるべ~!」と立ち上がった時点で波動か何かが既に変化してるんですよね。じゃないとそんな気にならないし。
それまでの古い自分の波動が馴染んだもモノや空間が居心地が悪くなるんで、新しい波動に合う様に変えたくなるのかな。
それで掃除や整理整頓を始める訳ですが、手を付けたところから新しい波動に変わっていくと、まだ古いままのところが凄く目立つんでしょうね。
今までの自分なら全く気にならなかったモノが、新しい自分から見ると「それってヘン!ぜ~んぜん合ってナイじゃん!」って思う。
そのままじゃ調和がとれなくて気持ち悪いから、次から次へと芋づる式に・・・となるのではないかなと思います。

しかし、お片付けにもひとつだけ注意点があるのですね。
それは
決して人の分まで手をつけてはならない
ということ。
家族とはいえ違う価値観を持っているのですから、それを自分の価値観で判断して勝手に片付けたりしてはならないのです。余計なお世話です。
たとえその空間が自分の感覚とは違った事になっていても、見なかった事にすれば良いのです。だって、自分の場所じゃないんですから考えたってしょうがない。
それぞれの個室というプライベートな空間はその主が管理すれば良いのです。
小さな子供じゃないんですから片付けぐらい自分で出来るんです。
だから放っとけばいいのに余計な手出し口出しをする人っていますよね。
昔、自分の親と暮らしていた頃はそうでした。「うるさいなぁ~、自分でやりたくなったらやるんだから放っといてよ!」っていつも思ってましたね。

話が掃除から少々横道に逸れましたが、物事は大抵どんな事も共通点があります。
この話は何も掃除に限った事ではなく他の事にも当てはまると思います。

さあ~て、明日はやっと晴れるみたいだし忙しくなりそうだな~♪

本日はノリノリお掃除にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
本日のお題は・・・・・・プリンセスと歌姫 バラの名前もいろいろありますね♪



片付けるっちゃ♪
2010年02月11日 (木) | 編集 |
最近とっても片付けたい気分です♪

今週に入ってからなんですが、急に今まで放ったらかしていた事に手をつけて片付けたくなってきたのです。
いざ始めると、よくもまぁこんなモノ残しておいたよな~と思うものが結構あるもので・・・。

特に紙類はいつの間にかたまってますよね。
本や雑誌は勿論の事、DM、パンフレット、チケットの半券、紙袋、ネットで買い物すると伝票やチラシがもれなくやって来ます。
たまる前に捨てればいいわけですけどね。
人生は取捨選択の連続だ~とかって聞きますが、日々増え続ける紙の山を見ているだけでもホントにそうだよなぁと思います。
紙類に限らず、増殖していくモノと上手く付き合って気持ちの良い空間で過ごすには、その都度「必要か/必要ないか」を考え、いらないものはすぐ処分する事をしていった方が良さそうです。
わかっちゃいるけど、ついつい後回しにしてしまうことも多いですね。
すると、じわりじわりと空間がモノで埋まっていく。
そのうち床に進出する・・・・・・な~んてコトにも。

あんじゅ★が「よしっ!もっとスッキリさせるっちゃ♪」と思ったのは、とある雑誌を見ていたら、

どんなモノにもワクワクの「賞味期限」がある!
キッパリ捨てれば運気が急上昇


と書かれているのを見たからなのでござんす☆
ついでに

キレイな床面積と運気は比例している!

とまで書いてあるじゃないですか!!
わかる気がします。
大事なものなら床に置くでしょうか???
そ~だよね、大事なものならちゃんとそのモノの居場所があるはずなんだわね~。
だいたい床にモノが進出している時点でモノが多すぎるって事でもある訳で。
許容量を超えてるんですね。
こうなったら大きな家に引っ越すか、モノを減らして身軽に暮らすかのどちらかです。
簡単で懐に優しいのは後者の方ですから、身の回りのモノがホントに必要なのか、普段使ってるのかなどをチェックしてみる必要がありそうです。

気に入って買ったはずなのに何故か着ない/使わないのって必ず出てきます。
ただ「もったいない」という理由で居座っていたりします。
それなら使えばいいのに何故かそのまま・・・。
こいつらが厄介なのよね~。
でもさ、それ使わないでも生きてこれたんだよね。困らなかったんだよね。
世の中も自分も常に変化しているんだから、そういうものがある事は仕方がない事というか当たり前なのかもしれない。
「もったいない」はわかるけど、この先いつ使うというのか・・・。
出番がないままのモノがもし家の中に何割かあったとしたら・・・?
それらをただ保管するために家賃の何割かを払ってると考えたら、さっさと捨てて広い空間で気持ち良く過ごしたいって気になってきます。
同じ空間を自分の為や、気に入ったモノの為に使った方が楽しいですからね♪

キレイに片付いていれば掃除機だってス~イスイ♪
お掃除は楽だし、気の流れも良くなりますから、そりゃ良い事も舞い込んで来るでしょうねぇ。
冷静に考えればとっても当たり前な事なのに、このモノが溢れた時代に流されがちな我々にとってはちょっとした課題の様に思えたりします。

な~んてエラそうな事書いてるけど、あんじゅ★のお片付けはこれからですからね~!
ココに書いてやる気を出そう作戦♪
何でも「もったいない」って取っておく世代の親の価値観が染み付いてまして、その影響は絶大でした。
それを払拭して、自分の価値観でモノと付き合っていこう!と思える様にようやくなったんですから進歩なのだ♪

そんな訳で、お片付けがちょっとブームになりそうな予感♪

本日は床面積拡大作戦にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
本日のお題は・・・・・・青いのはお好き? あんじゅ★は青にはこだわらニャい♪



縁の下に隠すもの
2010年02月10日 (水) | 編集 |
先日、人形浄瑠璃(文楽)を観に行ってきました。
実は記事にしそびれていましたが、12月にも観に行ったんで今回が3回目になります。

今回は念願の「曾根崎心中」です。
今から300年以上前に実際にあった心中事件をもとに近松門左衛門が書き上げた作品。

醤油屋の手代・徳兵衛と天満屋の遊女・お初は相思相愛の仲。
ある日、徳兵衛は生玉神社の境内で逢えない日々の恨み言を口にするお初にその訳を話す。
徳兵衛の伯父でもある主から娘との縁談話があり、伯父と実家の継母とで話を決めてしまった上に継母が伯父から金を受け取っていた。
縁談を断った徳兵衛に伯父はお初との仲を言い立て、継母に渡した金を4月7日までに返せと言う。おまけに大阪の地を出て行けとまで。
金は継母から取り返したが、期限は明日。
金を早く主に返したいところだが、実はその金を先月末に友人の油屋九平次に3日に返す約束で貸していた。
丁度通りかかった九平次に貸した金の返済を求めるが、借金した覚えがないと言われ、巧妙に金をだまし取られたことを知った徳兵衛は死んで身の潔白をはらす決意をする。

その夜の天満屋。
お初は徳兵衛の悔しい胸中を察して心を痛め塞ぎ込んでいる。
忍んで逢いにきた徳兵衛を見つけたお初は、自分の打ち掛けの中に忍ばせて徳兵衛を縁の下に隠す。
店に現れた九平次から散々に徳兵衛の悪口を聞かされたお初が独り言の様にして死の覚悟を徳兵衛に問いかけ、それに答える徳兵衛。
早仕舞いした店を打ち掛けの下に白無垢の死装束のお初と徳兵衛が抜け出し、梅田の橋を渡って曾根崎の天神の盛りに辿り着き・・・・・・。

     縁の下に隠すもの

打ち掛けの裾に隠れた徳兵衛とお初のやり取りがいいんですよね。
「死ぬる覚悟が聞きたい」と独り言になぞらえて足で問うと、
徳兵衛は頷いてお初の足首を自分の喉に当てて返事をする訳です。
その後も「徳様、私も一緒に死ぬるぞや」と足で合図すると、
その足を取って押し戴き息を殺して焦がれ泣く徳兵衛。
悲しい決意をするんですが、なかなか官能的な場面です。
互いに言葉を交わさなくてもちゃんと解り合ってるんだよな~。でも死んじゃうんだよね・・・このふたり。
天満屋を抜け出すのに下女の火打石を打つ音に合わせて少しずつ戸を開けて行くときはドキドキしながら見ちゃいます。
あ~どうか、見つからないで~って。
そして無事に抜け出せた事を喜ぶふたりの姿って何か複雑・・・。
これから死に向かって行くのだから。

「曾根崎心中」は歌舞伎でも観ましたが、人形浄瑠璃だと更に想像力を働かせるからなのか、より感情移入して観れる様な気がします。
お初のお人形が何とも可愛らしい表情と仕草なのでついついボ~ッと見とれちゃいました。
ただし、耳はボ~ッとはしていられません。
浄瑠璃をちゃんと聞かないとね・・・歌舞伎と違って役者たちは喋ってくれませんから。

さて、今日のお題の「縁の下に隠すもの」ですが、そう!恋人です。
お初が徳兵衛を隠した様に、前回見た「伊達娘恋緋鹿子」では、八百屋お七の恋人の吉三郎を下女のお杉が縁の下に隠します。
時にはスパイも縁の下に隠れます。
「仮名手本忠臣蔵」の7段目では、大星由良之助の動向を探るおっさんが潜んでいたりします。
縁の下には何かとドラマがあるようです。

本日は人形浄瑠璃のお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。

あんじゅ★のもうひとつのブログ Angel Box こちらから遊びに来てね~
今日のお題は・・・・・・気の毒な名前 「ボケ」ってあんじゅ★は好きな花なんだけどなぁ~